本文へスキップ
アイデアル ボディ デザイン    自宅で気軽にフィットネス!出張パーソナルトレーナー
Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン

お問い合わせ・ご予約はコチラ

神奈川県横浜市西区

セルライトは普通の脂肪細胞と同じ

セルライトって何?

一般的にセルライトとは、特に女性の太もも裏や外側、お尻やお腹などに出やすい傾向にある

ボコボコとしたオレンジの皮のような皮膚の凹凸のことです。

むくみやすい方や冷え性の方がなりやすい傾向にあり老廃物や水分が溜まることによって作られると言われています。

また、ストレスや暴飲暴食も原因と言われているようです。

一度できてしまうとなくすのは難しいとされ予防することが大事のようです。


お腹の肉が気になる女性


セルライトは医学用語ではありません

世間一般的には脂肪と老廃物の塊がセルライトのようですが、実は医学的にはただの脂肪細胞と変わりません。

他の脂肪細胞とセルライトは医学的に一緒で違いはありません。

デコボコとした肌に見えるのは、肥大した脂肪細胞の線維芽細胞が皮膚の方に引っ張られたからだとされています。

繊維芽細胞とは結合組織を構成する細胞です。

セルライトは肥大化した脂肪細胞が原因なので皮下脂肪の付きやすい部分に多く存在する傾向があるようです。

ですので、ももやお尻、お腹周りにできやすいのです。 

セルライトは女性にできるイメージがありますが男性にもできます。

女性にセルライトができやすいのは、女性ホルモンの影響によって男性よりも脂肪がつきやすいからだとされています。


足をマッサージする女性


セルライトをなくすには?

セルライトは肥大化した脂肪細胞が一番の原因です。

太らないことが一番の予防でやせることがなくす一番の方法です。

特に下半身の脂肪細胞が肥大化しやすいのは、女性ホルモンの影響があります。

また、代謝の低下やむくみなども原因として考えられます。

女性に目立つのはホルモンの関係上、男性よりも脂肪がつきやすいからです。

男性でもある一定以上、脂肪がつくとセルライトはできます。

水分を減らしてもセルライトはなくならない

水分の量を減らせばむくみが解消されてセルライトが減りそうですが、

水分摂取を控えるのは健康に良いとは言えないのでおススメはできません。

水分を身体から取り出す薬を使用してもセルライトは改善されないようです。

妊娠した後にセルライトができやすいのは?

妊娠すると胎児を守る為に皮下脂肪の厚みが増します。

脂肪の増加がセルライトの一番の原因なので妊娠した後はセルライトができやすいと言えます。

マッサージでセルライトを潰すのは難しい

見た目を良くするのは可能かもしれませんが、一時的で再び目立ってくることが多いようです。

なぜならマッサージでは脂肪自体が減らないからです。

むくみが一時的に改善されて一時的に見た目が良くなったと考えられます。

また、セルライトは皮膚の奥に存在しているので物理的に潰すのはかなりの力が必要となります。

強くマッサージをしてもなかなか解消はされません。

リンパマッサージでセルライトの解消は難しい

リンパマッサージもマッサージと一緒で一時的な見た目の変化しか望めないと考えられます。

脂肪自体が減らないとセルライトをなくすのは難しいのでやせることが必要です。

マッサージでやせることはできませんので生活習慣に気を付けて脂肪を減らしていきましょう。


リンパトリートメント