本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

やせるにはカロリー収支を考える!どんな方法でもカロリーによって決まる

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
やせるにはカロリー収支を考える必要があります。
やせるか太るかは、最終的に摂取カロリーと消費カロリーのバランスで決まります。
これはどんな方法をして同じで体重はカロリー収支によって決定されます。



生きる為に毎日エネルギーが必要

私たちが生きていくには、エネルギーが必要です。
心臓を動かしたり筋肉を動かしたり脳を働かせたりするには、エネルギーが必要なのです。
生きる為に必要なエネルギーは、勝手に作られるのではなく食べ物から摂っています。
私たちのエネルギー源はATP(アデノシン三リン酸)と言われる物質ですが、これは糖質と脂質から主に作られます。
食べ物に含まれる糖質、脂質、タンパク質は、エネルギー源であるATPを合成することができます。
ATPを合成することができる栄養素を三大栄養素と言います。
私たちは、毎日エネルギー源であるATPを合成する為に毎日食事をしているのです。
脂質は体内で体脂肪として多く蓄えられています。
タンパク質も筋肉として蓄えられているとも言えますが、糖質は身体に多く蓄えておくことができません。
糖質が最も大事なエネルギー源となるので不足しないように毎日摂取する必要があります。
不足すると生命に関わるので、糖質が不足してしまう場合は体内で合成することができます。
それにより血糖値は常に一定の範囲に保たれるようになっています。

太るかどうかは摂取カロリーと消費カロリーの収支によって決まる

鏡に映る日決まった女性のお腹

私たちが生きる為にはエネルギーが必要です。
生きる為に必要な最低限のエネルギーが基礎代謝量になります。
基礎代謝量に活動によって生じたエネルギーなどをプラスした分が1日の消費カロリーになります。
そして、食べ物から摂取するエネルギーが摂取カロリーです。
太るかやせるかは摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって決まります。
1日で消費したカロリーと入ってきたカロリーが一緒なら体重は増えません。
消費したカロリーが少なければ、体重は増えますしその反対なら体重は減ります。
普段お腹が空いたと感じる時は、エネルギーが不足している状態でもあります。
普通に食事をしている際には、体重が増えたり減ったりはしません。
身体には現状を維持しようとする働きがあるので極端に食べたりしない限り体重はそんなに増えないようになっています。
なので食べ過ぎた状態が長期間続かない限り体重はなかなか増えません。
体重が増えるかどうかはカロリー収支によって決まっています。

どんな方法でもカロリー収支によって太ったりやせたりする

○○ダイエットなどダイエット法はたくさんありますが、太るかやせるかはカロリー収支によって決まります。
どんな方法をしたとしても同じです。
○○ダイエットなどの方法は、簡単に摂取カロリーを抑える方法と言えます。
摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって体重が増えるかどうかが決まりますが、実際のカロリー収支を知るのは非常に難しいです。
カロリー制限はおおよそのカロリーで行いますが、そもそもカロリー計算自体面倒で難しいとも言えます。
普通のカロリー制限食は、実際に行うのはとても大変なことになるかと思います。
そこで簡単に摂取カロリーを抑える方法が、巷に溢れているダイエット法になります。
例えば一食を置き換える置き換えダイエットは、一食分の摂取カロリーを抑えるので結果的にトータルの摂取カロリーも抑えられます。
糖質制限ダイエットの場合は、主食である炭水化物食を減らすことで摂取カロリーを減らす食事と言えます。
巷に溢れている○○ダイエットは、短期間でやせることをウリにしていることが多いです。
○○ダイエットは、短期間でやせることが可能かもしれませんが、そのほとんどが失敗に終わってしまいます。
健康を害さずにリバウンドしないようにすることを考えると短期間でやせる方法はするべきではありません。
巷のダイエット法は、言い換えると極端な食事制限をする方法と言えます。
どんな方法でダイエットをしてもやせるには、カロリー収支をマイナスにする必要があります。

メジャーでお腹周りを測る女性

ダイエットは緩やかにカロリー制限

どなん方法でダイエットをするにしてもやせるには、カロリー収支をマイナスにしないといけません。
巷に溢れているダイエット法は、簡単に摂取カロリーを減らす方法です。
この方法ではリバウンドする可能性が非常に高く失敗に終わってしまうことが多いです。
ダイエットを成功させるには、緩やかなカロリー制限食が王道でこれ以外ありません。
極端な制限だと代謝の低下を招いてしまい太りやすい身体になってしまうのでカロリー制限は緩やかにしていかないといけません。
具体的には、摂取カロリーを10%程度減らしてみて何ヶ月間継続してみることです。
このくらいなら代謝低下も起こらなく健康も害さずにリバウンドもしにくいかと思います。
もし体重に変化がなければ、また10%程度減らしてみて様子を見てみましょう。
どのくらいの食事量なら体重が減るのか、または増えるのかを確認して自分にとっても適正量を見つけると良いです。
また、食事はカロリーだけでなく栄養バランスが大事です。
バランスの良い食事は、代謝を高めてくれるのでやせやすい身体を作ってくれます。
バランス良く食事をしてカロリーを少し減らす、これがダイエットを成功させる方法です。



更新日:2020年(令和2年)9月7日


関連記事


メジャーでお腹を測る

1ヶ月で体脂肪1kgを落とすには240kcal以上必要!

体脂肪を落とすのはとても大変なことです。ペース的には1ヶ月で1kg程度を目安が良いかと思います。では1ヶ月に1kgの体脂肪を落とすのはどのくらい大変なのでしょうか。

肺で寿司を見つめる女性

置き換えダイエットはリバウンドしやすい!?○○ダイエットは注意!

やせるだけなら置き換えダイエットは良いのかもしれませんが、リバウンドしやすくダイエットの方法としてはおススメできません。

体重をみて落ち込む女性

糖質制限は体脂肪率が増加するかも!?体水分量によって体脂肪率は変動

手っ取り早く体重を落とすには、とても有効な手段なのは事実ですが、反対に体脂肪率は高くなることもあるようです。なぜ体脂肪率は増えてしまうのでしょうか

メジャーでお腹周りを測る女性

体脂肪1㎏を落とすにはウォーキング60分を毎日1ヶ月以上必要!?

ダイエットを失敗してしまう人が多いのは、体重ばかり気にしているからです。体重を落とすのは、実はそれほど難しいことではないのですが、体脂肪を落とすのは、とても難しいです。

スクワットをする女性

ダイエットに筋トレが良い理由は、基礎代謝ではなく運動後の代謝促進

太りにくくやせやすい身体を作るには、筋力トレーニングは必須と言えます。一般的に基礎代謝量を高める為に行うと思っている人も多いと思いますが、基礎代謝量の向上の為ではありません



カテゴリー

サイト内検索

メルマガ登録

⇒ 健康情報をメールで受け取る



 
はてなブックマークに追加