本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

運動中のマスク着用は危険!ジムでマスクは危ないのでは?

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
緊急事態宣言も解除されて今はほとんどのジムも再開をしているかと思います。
感染予防対策として色々としているかと思いますが、マスク必須になっているジムも多いようです。
外でもマスクして走っている人も結構見かけますが、運動中のマスクはとても危険かと思います。
感染予防としてもあまり意味がないように思えますし今の時期は特に熱中症のリスクが高くなってしまい危険です。



マスクをしていると呼吸器に負担がかかる

マスクをしている女性

そもそもマスクをしていると呼吸器に負担がかかります。
マスク着用は呼吸しづらくなるので場合によっては、酸欠状態になってしまうこともあります。
これはN95のような高機能マスクであれば尚更でしょう。
実際に中国でマスク着用での体育で亡くなってしまった子供が出てしまっています。
マスクが直接の原因かどうかわかりませんが、高性能マスクを着用していたみたいですので何かしらの関係があるのではないでしょうか。
仮に使い捨てマスクであっても長期間着用することは、呼吸の妨げになり自然な呼吸ができなくなってしまう恐れもあります。口呼吸が身に付いてしまう可能性があります。
子供や呼吸器疾患がある人は特に危険かと思います。

正しく着用しなければマスクは汚染される!特に夏は注意!

マスク着用は、正しく着用することが大前提となります。
正しく着用できていないとマスクに細菌が繁殖しマスクが汚染されてしまいます。
特に高温多湿になる夏の時期は、明らかに不衛生になるのではないでしょうか。
マスクは着用したら触ってはダメで触る前は必ず手の消毒をしなければいけません。
ポケットに入れたりバッグに入れたりしてもダメです。
間違った方法で着用していたら反対に感染リスクを高めてしまう可能性がありますし
汚染されたマスクを長時間着けていたら他の病気になってしまうかもしれません。
果たして今、正しく着用できている人はいるのでしょうか。
おそらくほぼいないでしょう。
正しく着用できないのであればしない方が良いかと思います。
マスクの効果はほぼありませんしマスクよりも手洗いをちゃんとすることが大事です。

運動中のマスクは危険!?汗をかきマスクも触りませんか?

マスクをしていると呼吸がしづらくなります。
運動中に酸欠に陥ってしまう危険性がありますのでこの状態で運動はとても危険ではないでしょうか。
そもそも運動中マスクを触らない人はいないのではないでしょうか。
水分補給をする時に絶対に触りませんか?
その手には、ウイルスや細菌などの病原体がついているかもしれません。
その都度マスクを交換すればいいでしょうが、そんなこと普通しないでしょう。
また、運動中汗をかきマスクに汗が染み込みます。
汗が染み込んだマスク自体不衛生ですし、それで呼吸をするのはどうなのでしょうか。
夏の時期は、熱中症のリスクが高くなり普通に危険です。
不適切なマスク着用は感染リスクが下がるどころか、高くなる可能性があります。

ウイルスイメージ

飛沫感染予防は距離を取ればOK

ジムでマスク着用は、飛沫感染防止の為にしているかと思いますが
飛沫感染自体、目の前で咳やくしゃみをされない限りあまりないと考えられます。
咳やくしゃみでの飛沫は1~2メートル程度とされています。
つまり距離をある程度取れば、飛沫感染のリスクはかなり下げることができます。
もちろんゼロではありません。
そもそもゼロリスクはあり得ませんので0か100かの考え自体がおかしいです。
目の前で咳やくしゃみをされること自体ほとんどないので飛沫感染は、そんなに気にする必要はないと思います。
仮に目の前で咳やくしゃみをされたからと言って必ず飛沫感染するわけでもありません。
呼気だけでの感染はほとんどないはずです。
通勤電車で蔓延もしていなく、もしあればとっくに蔓延しているのではないでしょうか。
ジムが密集していて人との距離が取れない状態であれば、マスクをした方が良いのかもしれませんが、そこまでしてマスクを着用する意味もないと思います。
ジムでマスクは、単純に運動中の危険が増して危ないと思います。
飛沫に関しては、ただ距離を取れば良いだけです。
換気をしっかりと行い、後は使ったマシンやダンベルなどは必ず消毒するように徹底させ体調が悪い人はお断りすれば十分だと思います。

外でランニング中のマスクもほぼ意味ないのでは?

公園で走る女性

マスクをしてランニングしている人も結構いるかと思います。
ランニング中は、後方に飛沫が飛ぶみたいでその防止の為らしいですが、これもあまり意味ないのでは?と思います。それどころか運動中の危険が増してとても危険でしょう。
飛沫=感染 ではありませんし、今回のコロナウイルスは空気感染しません。
その飛沫に果たして感染力があるのかどうかが問題なのですが、科学的根拠はないのではないでしょうか。
しかも外でそれを後ろの人がピンポイントで吸い込むと言うのもなかなか難しいようにも思えます。
もしこれで感染してしまうならとっくに蔓延していると思うのですがどうなのでしょうか。
とりあえず今回の新型コロナウイルスは空気感染しません。※ほぼない
空気感染したとしてもマスクでは防げるわけでもないので、密集していない外でのマスクは基本的に不要です。


今回の新型コロナウイルスは日本を含むアジア諸国では、それほど驚異になっていなく欧米に比べて死者数も極めて少ないです。
欧米にとっては脅威になりましたが、日本においてそこまで驚異になっていない言う事実があります。
インフルエンザと比べても現在のところ死者数も少なく蔓延もしていないです。
まだ分かりませんが、このペースならインフルエンザ以上にならない可能性があります。
リスクが高い人も分かっており健康な人であれは、ほぼ心配ないと言えそうです。
高齢者や持病を持っている人は、今回のコロナでなくても何に関してもリスクは高いです。
生活習慣を正して、ウイルスや細菌などの病原体に負けない身体を作ることの方が大事かと思います。



更新日:2020年(令和2年)6月16日


関連記事

マスク

密集していない外ではマスク不要!した方が良い場所は?

外でもほとんどの人が今マスクをしていますが、熱中症のリスクが高くなりとても危険です。
どんな場所が必要でどんな場所なら必要ないのか線引きをしっかりとする必要があります。

感染症イメージ

感染症の感染経路について、飛沫感染、接触感染、空気感染

麻疹、水痘(水疱瘡)、結核、インフルエンザ、コロナなど感染症の感染経路は、飛沫感染と接触感染、そして空気感染があります。結核はウイルスではなく結核菌と言う細菌になります。

マスクをしている女性

マスク着用にエビデンスはあるの?

新型コロナウイルスによりほとんどの人がマスクをしているかと思いますが、果たしてマスク着用は本当に科学的に見て効果があるのか論文から見てみようと思います。

フレイル

健康寿命を延ばすにはフレイルを予防することが大事

今年2020年度からフレイル健診が始まりました。厚生労働省は、要介護になる手前のフレイルの人数を把握する為、75歳以上の後期高齢者を対象としています。

コップの水をもつ女性

水だけでは熱中症の予防にならない!塩分などと一緒に補給

熱中症は場合によって死亡事故に繋がることもあるので注意が必要です。
効率の良い水分補給をすることですがただ飲めばいいわけでもありません。



カテゴリー

サイト内検索

メルマガ登録

⇒ 健康情報をメールで受け取る



 
はてなブックマークに追加