本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

酵素は体内に吸収できない!口から摂っても意味がない!?

こんにちは、パーソナルトレーナーの和泉です。
酵素は俗に「健康に良い」「ダイエットに良い」「アンチエイジングに良い」と言われています。
酵素ドリンクなどの商品も多く見かけます。
実際に使っている方もいるかと思いますが効果は本当にあるのでしょうか?

スムージー


酵素とは?

酵素は栄養素ではありません。生きた酵素と言うフレーズも聞きますが生物でもありません。
酵素とは生体内での化学変化を触媒する物質になります。
触媒とは自身は変化しないで他の物質の化学反応の速度を速めたり遅くしたりする働きをする物質のことを言います。酵素は生命に必要で私たちの生命活動に欠かせません。
私たちの生命活動は体内で起こる様々な化学変化によって維持されています。
口から食べた物を消化し代謝したりするには、化学変化を触媒する酵素が必要になります。

化学変化

酵素は年齢によって減少していく

私たちの生命活動に欠かせない酵素ですが、年々その量が減ってくると言われています。
酵素が減ることで体内での化学変化が円滑にできなくなり様々な身体の不調が起こりやすくなります。
体内で十分な酵素があれば、様々な身体の不調が改善されると考えられるので酵素を摂ると良いと言われているようです。ですが、体内で減ってしまった酵素を単純に口から摂取すれば補えるわけではありません。

酵素のまま吸収できない

口から摂取した物は消化されてから吸収されます。
消化とは食べ物を体内に吸収できる大きさまで分解する作業のこと、食べ物はそのままの形では分子量が大きすぎて体内に吸収できません。酵素自体はタンパク質で構成されているのですが、 タンパク質は分子量が大きくこのままでは吸収できません。一度消化してタンパク質の構成成分であるアミノ酸まで分解されます。
そして、体内に吸収されて必要に応じて再び様々なタンパク質に再合成されていきます。
この際にまた酵素に再合成されるとは限りません。
吸収されたアミノ酸は、髪の毛、爪、皮膚、筋肉、臓器などの材料になるかもしれませんしホルモンの材料になるかもしれません。または、エネルギーとして利用されるかもしれません。
吸収されたアミノ酸が何に利用されるかは分からないのです。
このように口から酵素を摂取しても残念ながら酵素を吸収できるわけでもないのです。
吸収できなければ酵素を補給できるわけでもないので意味がないと考えられます。

酵素を補うには、その構成成分であるアミノ酸を摂取することです。
普段の食事からタンパク質をしっかりと摂ることで体内の酵素量を増やせる可能性があります。
そして、ビタミンやミネラルなどのその他の栄養素もしっかりと摂ることが必要です。
つまりバランスの良い食事を普段からすることが一番大切になります。



更新日:2019年(平成31年)4月24日


パーソルトレーナー和泉 大樹

パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております。
特別な器具を使わない本格トレーニングを提供します。
興味のある方は是非一度ご相談ください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー