本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

有酸素運動は20分以上やらないとダメ?

脂肪を燃焼させたいなら

有酸素運動は20分以上やらないと効果がないと思っていませんか?

確かに昔は、20分以上やらないといけないと言われていました。

でも別に有酸素運動は20分以上やらなくてもいいのです。

運動をする時間が一緒なら5分を4回、10分を2回でも効果(消費エネルギー)は同じです。

糖分と脂肪によるエネルギーの利用率を決めるのは、運動の時間よりも運動の強度です。

脂肪が使われるのは、筋力トレーニングやダッシュのような強度の強い運動ではなく

ウォーキングやランニングのような強度の低い運動。

運動の強度と運動時間が一緒なら消費するカロリーは同じです。

なぜ20分以上と言われていたのか?

運動をする時に使われるエネルギーは主に糖分と脂肪

糖分と脂肪は常に同時に使われています。

20分以上と言うのは、

脂肪からのエネルギーの利用率が糖分を上回るまでの時間です。

20分以上やると脂肪が使われる割合が高くなるなるので

有酸素運動は20分以上やらないといけないと言われていました

仮に60分有酸素運動をするなら10分を6回よりも連続で60分した方が効果的かもしれませんね。

なかなか時間が作れないと言う方も20分以上やらなくてもいいなら時間も作れそうですよね。