本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

糖質制限ダイエットをして体脂肪率が増えた


1週間ほど前から糖質制限ダイエットをしています。
体重は減っているのですが、体脂肪率が少し増えてしまいました。何故ですか?



糖質を制限して体重が落ちたのは、体脂肪だけで落ちたわけではありません。

体内の水分と筋肉の量が減った為で

体脂肪は差ほど落ちていない可能性があり体脂肪率が増えたと考えられます。

また、体脂肪率の測定は、電気を流して電気抵抗で推定するので体内の水分量によって数値は変化します。

体内の水分量が減った為、体脂肪率が高めに出たとも考えられます。

糖質制限ダイエットは、

短期間で体重を落とすだけならかなり有効な方法だと思います。

ですが、落ちた体重の全てが体脂肪で落ちたわけではなく

水分と筋肉が減るので体重が落ちています。


糖質は体内でストックされている

糖質は、体内でグリコーゲンとして筋肉や肝臓に蓄えられています。

グリコーゲンを蓄えるのにグリコーゲンの3倍の水分が必要です。

糖質制限をしていると体内のグリコーゲン(糖分)の量が減り

それを蓄える為に必要だった水分が減るので体重が落ちます。

さらに

グリコーゲンの量が減ることで、

筋肉を合成させるスイッチがオフになってしまい代謝の低下を招いてしまう可能性もあります。

体内の糖分が少ないと筋肉を分解して糖分を作り出そうとします。

これは、糖新生と言われる現象です。

これにより筋肉が減り体重が落ちていきます。

このように糖質制限で体重が落ちるのは、水分と筋肉が減ったからと考えられます。


糖質制限の効果は、最初の方だけでリバウンドもしやすく

極端にやり過ぎれば健康を害する危険もあるのでおススメはしません。

糖質制限食を長期続けるのは困難です。

やるなら夕食だけ制限するとかにしてみてください。