本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸を摂りすぎると、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、

免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなど身体への悪影響が報告されています。

トランス脂肪酸は、水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される副産物です。

海外では、このトランス脂肪酸を厳しく制限・管理していたりします。

ですが、日本ではあまり関心を持たれていないのが現状のようです。

海外と比較してトランス脂肪酸の摂取が低いという理由もあるようですが、

日本人の普通の食生活ならトランス脂肪酸の過剰摂取にならないとの見方が

あるからではないでしょうか?

でも、普通の食事をしていない人にとっては深刻な問題になってしまう可能性もあります。

それに普通の食事ってどういった物かも曖昧です。


トランス脂肪酸が多く含まれる食品

マーガリン、バター、マヨネーズ、コーヒーのクリーム

お菓子類
(ケーキ、アイスクリーム、チョコレート菓子、クッキー、菓子パン、ポテトチップス、ドーナツなど)

インスタント・レトルト食品
(カップ麺、インスタント麺、缶のスープ、シチューのル-、カレーのル-など)

ファーストフード、冷凍食品などがあります。

普段の食生活でこれらの食品をほとんど食べない人、逆によく食べる人がいるのではないでしょか? 

これらの食品をよく食べる人は、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、

免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどになってしまう危険性が高まります。

もし現在、これらでお悩みであれば

もしかしたらトランス脂肪酸が原因かもしれないです。

自分の食生活を見直してみてください。