本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

朝食を食べて代謝アップ

朝食は、1日の消費カロリーを決めると言われています。

忙しいからと言って朝食を食べないと代謝が落ち太りやすくなってしまいます。

朝は、前日の夕食から何も食べていない状態です。言い換えれば飢餓状態になります。

この状態では身体のエネルギーが枯渇しています。

エネルギーが枯渇しているのに何も食べずにいると身体はエネルギーを体内で作ろうと働きます。

身体の主なエネルギー源は、糖質と脂質です。脳のエネルギー源は基本糖質です。

糖質を絶えず脳に供給する為に血糖値は常に一定の範囲内になるようにコントロールされています。

体内の糖質が少なくなると低血糖にならないように体内で糖質を合成します。

体内で糖質以外から糖質を合成することを糖新生と言います。

糖新生の材料は、主にアミノ酸で体内のタンパク質をアミノ酸に分解して糖質を合成します。

ですので糖質が不足しているとタンパク質である筋肉を分解してしまいます。

エネルギーが不足すると脂肪が使われると思いがちですが、脂肪だけ使われるわけではありません。

残念ながら脂肪の分解で生じた脂肪酸は、糖新生の材料にならないのです。

筋肉はエネルギーを燃やす焼却炉です。

筋肉が分解されて減ってしまうとエネルギーを燃やせなくなり代謝の低下を招いてしまいます。

代謝低下を防ぐには空腹状態を作らない方が良いのです。

また、空腹のまま活動しても活動量自体も減ってしまうのでエネルギー消費量自体が減ってしまいます。

朝食を食べないと体温が上がらず活動をすることになるのです。

さらに、脳のエネルギーも不足するので集中力が低下し

仕事や勉強にも悪影響が出てしまう可能性もあります。

そして、食事と食事の間の時間が長いと食事をした時の吸収率がいつもより高くなり

体脂肪の合成も活発になり身体に脂肪が蓄積されやすくもなります。

朝食を抜いてしまうと昼食にドガ食いしてしまうこともあり当然太りやすくもなります。

同じ物を食べるなら何回かに分けて食べた方が太りにくくなります。

朝食は、身体を活動モードにするスイッチをオンにしてくれるので1日の代謝を上げてくれます。

朝起きて体温を上げ代謝を高めるには朝食を食べることが大事です。

どんなに忙しくても朝食はしっかりと食べるようにしましょう。

何か口にするだけでも変わるので食欲がなくても食べれる物で良いので食べるようにしてみましょう。

糖質とタンパク質は、最低限摂れると良いかと思います。