本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

食欲を抑える方法を教えてください

お腹が空いたと感じる空腹は、血液中の糖分、つまり血糖値と関係しています。

血糖値が下がると「お腹が空いた」と感じ、逆に血糖値が上がると

満腹中枢が刺激され「お腹がいっぱい」と感じます。

その他に物理的な刺激として

胃に食べ物がたくさん入っているとお腹がいっぱいと感じます。

食欲を抑えるには、満腹感を維持できればいいので血糖値をあげることですが

上げ過ぎてしまうとインスリンが多量に分泌されます。

インスリンは、糖分を細胞内に取り込む働きをし血糖値をさげてくれますが

多量に分泌されると、血糖値は急激に下がります。

血糖値が下がり過ぎてしまうとまた空腹感を覚えてしまい悪循環になってしまいます。

なので満腹感を維持するには、血糖値を緩やかに上昇させる食べ物がおススメです。

血糖値が緩やかに上昇するとインスリンも多量に分泌されませんし

満腹中枢が刺激され続けるので食欲を抑えることができます。

血糖値の上昇を抑えるには、食べ方を変えれば簡単に行うことができます。

食事に野菜を加え野菜を一番先に食べるだけでOKです。

野菜に含まれる食物繊維が血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあります。

野菜を食べ終えてから、その後にご飯などを食べるようにすると良いです。

もし可能ならご飯などの炭水化物は一番最後に食べるとより良いです。

野菜→おかず→ご飯

また、食事はゆっくりと食べよく噛んで食べるように意識しましょう。

早食いは、血糖値が上昇して満腹中枢が刺激される前に食べ過ぎてしまうからです。

それとよく噛むことでも満腹中枢は刺激されるので食欲を抑えられます。

1口30回程度目安にすると良いと思います。