本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

過度のストレッチは筋力低下に 


ストレッチは身体にとって様々なプラスの効果がありますがプラスのことばかりでもありません。

ストレッチには筋力の低下を防ぐ効果もあると言われています。

その反面、過度のストレッチは筋力の低下を招いてしまうことも分かっています。

ストレッチにはいくつか種類があります。

筋力低下を起こすのは、その中で「スタティックストレッチ」です。

世間一般的に行われている伸ばした状態でキープするストレッチがこれになります。

ストレッチによる筋力低下はそう簡単に起こるものでもありません。

筋力低下の報告は、3分以上連続でストレッチした場合に確認されています。

こんなデータがあります。

バレリーナの方は、内転筋(ももの内側の筋肉)が弱いのが一般的です。

バレリーナの方は、とても身体が柔らかく毎日入念にストレッチをしているため

筋力低下が起こってしまったのです。

過度のストレッチは長期的に見ても筋力低下を起こしてしまうということです。

ウォームアップとしてのストレッチを行う場合は、過度に行ってしまうとその後のパフォーマンスに

影響してしまいますので過度に行うのは避けた方が良いです。

ストレッチは15秒程度なら筋力低下をさほど心配する必要はないので

スタティックストレッチは15秒程度に収めましょう。

ウォームアップとして最適なのは、スタティックストレッチよりも

動的に行うダイナミックストレッチなので

スポーツの前にはダイナミックストレッチを取り入れる方が良いです。