本文へスキップ
アイデアル ボディ デザイン    自宅で気軽にフィットネス!出張パーソナルトレーナー
Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン

お問い合わせ・ご予約はコチラ

神奈川県横浜市西区

ストレッチ豆知識

ストレッチって何?

ストレッチって何?
ストレッチとは、伸ばす行為のこと。stretch=伸ばす
日本ではストレッチと言うのが一般的ですが、正しい英語表記だとstretching(ストレッチング)となります。
ストレッチは、スポーツをしている方に限らず多くの方に人気のある運動で運動不足解消にも有効です。

ストレッチの種類

ストレッチの種類
一般的に広く知られているストレッチです。静的ストレッチとも言います。
反動をつけずに筋肉をゆっくりと伸ばし、筋肉が伸びた状態をキープする方法です。
安全に行うことができ静的柔軟性の改善に効果があります。

ストレッチによる身体の変化は?

ストレッチによる身体の変化は?
ストレッチの主な効果は、筋肉が伸びやすくなり関節が大きく動くようになります。(関節可動域の向上)
筋肉の縦方向への伸びやすさのことを筋肉の縦断的な柔軟性と言います。
また、疲労によって固くこわばった筋肉を柔らかくほぐす効果もあります。

ストレッチは筋肉を柔らかくほぐす

ストレッチは筋肉を柔らかくほぐす
ストレッチのには、関節可動域を大きくする効果があります。
これは筋肉の走行方向(縦方向)への柔軟性で縦断的柔軟性と言います。
この他にも筋肉を触った時の柔らかさ、横断的柔軟性の向上にも効果があります。

関節可動域の向上によるメリット

関節可動域の向上によるメリット
ストレッチをすることで筋肉の縦方向への伸びやすくなります。(縦断的な柔軟性の向上)
縦断的な柔軟性の向上は、関節可動域を大きくしてくれます。
では、関節可動域が向上によるメリットはどんなことがあるのでしょうか?

ストレッチは筋力低下の予防に繋がる

ストレッチは筋力低下の予防に繋がる
ストレッチは、筋力低下(筋肉の衰え)の防止に役立ちます。
ストレッチで筋肉を引き伸ばす物理的な刺激を与えると筋力低下を抑制することができます。

過度のストレッチは筋力低下に繋がる可能性も

過度のストレッチは筋力低下に繋がるかも
ストレッチは身体にとって様々なプラスの効果がありますがプラスのことばかりでもありません。
ストレッチには筋力の低下を防ぐ効果もあると言われています。
その反面、過度のストレッチは筋力の低下を招いてしまうことも分かっています。