本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

紫外線は老化の原因、日焼け止めの基準は?

紫外線の量は3~5月にかけて多くなります。

紫外線の量で 暑さ=紫外線量 ではありません。

紫外線は、シミやシワ、たるみ、老化や皮膚ガンの原因にもなるので

いつまでも若々しくいたいと思うかたは、紫外線対策をしっかりとしておきましょう。

特に日焼けして赤くなる人は紫外線に対して抵抗が弱いのでしっかりと対策が必要です。

一日の中で紫外線が特に多いのは10~14時ですのでこの時間の外出には特に対策をとるように


日焼け止めのを選ぶ基準はSPFとPA

紫外線にはUVBとUVAがあります。

SPFはUVBをどれだけ防ぐかを表し、PAはUVAをどれだけ防ぐかを表しています。

SPF50と表示してある物は何も塗らない場合と比べ50倍防ぐと言う意味で数値が高いと強くなります。

PAの表示はSPFのように何倍防ぐではなく 

PA+ではUVA防止効果が   弱 

PA++ではUVA防止効果が   中 

PA+++ではUVA防止効果が  強  

の3段階表記となります。 


外出時間によりどれにするか選ぶようにしましょう。


バランスの良い食事を

身体を内側からキレイにするにはバランスのよい食事が重要です。

紫外線を浴びると活性酸素が発生しこの活性酸素は老化の原因となります。

活性酸素を除去する坑酸化作用のある物を摂ることで老化を防ぐことができます。

抗酸化作用のある物は、ビタミンC、ビタミンEやカロテノイド、αリポ酸、コエンザイムQ10など

特にカロテノイドの一種のアスタキサンチンはビタミンEの1000倍と言う

とても強い坑酸化作用があります。

アスタキサンチンは赤い色素でサケやイクラ、カニに多く含まれています。


日焼け止めと抗酸化作用のある栄養素で紫外線から身体を守ることで老化を防ぐことが可能です。