本文へスキップ
アイデアル ボディ デザイン    自宅で気軽にフィットネス!出張パーソナルトレーナー
Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン

お問い合わせ・ご予約はコチラ

神奈川県横浜市西区

成長ホルモンの分泌を促進させる

身体の機能を維持したり若さを保つのに不可欠な成長ホルモンですが

成長ホルモンは、思春期をピークに年々分泌量が低下していまいます。

運動で分泌を促すことができますが

アミノ酸を摂取することでもこの成長ホルモンの分泌を促すことができます。

そのアミノ酸は、アルギニンとオル二チン

アルギニンは大人では非必須アミノ酸ですが

子供の場合は必須アミノ酸となっています。


アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促す他に免疫機能にもかかわっています。


アルギニンを多く含む食品は

玄米、大豆、ゴマ、ナッツ類、鶏肉やエビ、牛乳などです。


次にオルニチン

オル二チンは体内で合成が可能なアミノ酸で遊離アミノ酸になります。

遊離アミノ酸とは、タンパク質を構成する結合アミノ酸とは違い

血液中に溶け込んだ状態で身体に作用します。

オル二チンは

成長ホルモンの分泌を促し肝機能の向上にも効果があるので二日酔の予防にも良いです。

オル二チンが多く含まれる食品は

シジミ、エノキタケ、キハダマグロ、ヒラメ、チーズなどです。

アルギニンもオル二チンも体内で合成することができるのですが

体内で合成できる量も限られます。

アミノ酸の効果を期待するのであれば、食品からも摂取することも必要です。

それに合成するのにも他のアミノ酸を使うので

毎食アミノ酸バランスの良い物を食べるようにすることが大切です。