本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

生活習慣病

生活習慣病とは、日々の生活習慣の乱れが積み重なって引き起こされる病気のことです。
生活習慣病には肥満症、高血圧症、脂質異常症、糖尿病などがあり、そのまま放置していると
様々な合併症を誘発してしまいます。
予防するには運動や食生活などの生活習慣を改善することが必要です。


詳しくは下記をクリック


肥満

高血圧

脂質異常症

糖尿病



成人病から生活習慣病へ

成人病とは1955年頃から使われ始めました。
脳卒中、がん、心臓病など40歳前後から急に死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め
40~60歳くらいの働き盛りに多い疾患を総称したものでした。
脳卒中、がん、心臓病と言った疾患は、年齢の上昇に従ってその頻度が増える性質があるため
人口の高齢化に従って患者数の増加が予想されます。
しかし、喫煙と肺がんや心臓病、動物性脂肪の過剰摂取と大腸がん、
肥満と糖尿病など食生活や運動などの生活習慣とこれらの疾患の関係が明らかになりました。
それによって生活習慣を改善させることである程度の予防が可能であることも分かり
発症を予防する「一次予防」の考えが重視されるようになりました。
そこで、国民に生活習慣の重要性を啓発普及し健康に対する自発性を促そうと
「生活習慣病」と言う概念の導入が提案されました。
成人病と言うと加齢によるものでやむを得ないと言う捉え方があり
「早期発見・早期治療の二次予防」に重点がおかれていました。
しかし、「生活習慣病」は健康的な生活習慣を送ることで疾病の発症そのものを予防出来ると言う
病気の捉え方を示したもので、「健康増進・疾病の予防」と言う「一次予防」に重点がおかれています。
生活習慣病は、様々な要因が発症に関わっています。
遺伝的要因、外部環境要因、生活習慣要因の3つに大きく分けることができます。