本文へスキップ
アイデアル ボディ デザイン    自宅で気軽にフィットネス!出張パーソナルトレーナー
Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン

お問い合わせ・ご予約はコチラ

神奈川県横浜市西区

生活習慣病

家族で歩く

生活習慣病とは、日々の生活習慣の乱れが積み重なって引き起こされる病気のことです。


生活習慣病には肥満症、高血圧症、脂質異常症、糖尿病などがあり、そのまま放置していると

様々な合併症を誘発してしまいます。

予防するには運動や食生活などの生活習慣を改善することが必要です。

成人病から生活習慣病へ

成人病とは1955年頃から使われ始めました。

脳卒中、がん、心臓病など40歳前後から急に死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め

40~60歳くらいの働き盛りに多い疾患を総称したものでした。

脳卒中、がん、心臓病と言った疾患は、年齢の上昇に従ってその頻度が増える性質があるため

人口の高齢化に従って患者数の増加が予想されます。

しかし、喫煙と肺がんや心臓病、動物性脂肪の過剰摂取と大腸がん、

肥満と糖尿病など食生活や運動などの生活習慣とこれらの疾患の関係が明らかになりました。

それによって生活習慣を改善させることである程度の予防が可能であることも分かり

発症を予防する「一次予防」の考えが重視されるようになりました。

そこで、国民に生活習慣の重要性を啓発普及し健康に対する自発性を促そうと

「生活習慣病」と言う概念の導入が提案されました。

成人病と言うと加齢によるものでやむを得ないと言う捉え方があり

「早期発見・早期治療の二次予防」に重点がおかれていました。

しかし、「生活習慣病」は健康的な生活習慣を送ることで疾病の発症そのものを予防出来ると言う

病気の捉え方を示したもので、「健康増進・疾病の予防」と言う「一次予防」に重点がおかれています。

生活習慣病は、様々な要因が発症に関わっています。

遺伝的要因、外部環境要因、生活習慣要因の3つに大きく分けることができます。

高血圧

心臓は、収縮と拡張を1日に約10万回繰り返しています。

身体の隅々にまで血液を送るには血液に圧力をかけて送り出す必要があります。

この血液循環に必要な血液の圧力が血圧で血管の中を流れる血液の勢いが動脈壁に与える圧力を示します。

血圧には最高血圧と最低血圧があります。

最高血圧(収縮期血圧)
ー心臓が血液を全身に送り出すために収縮した時に動脈壁にかかる圧力のこと

最低血圧(拡張期血圧)
ー全身から戻った血液が心臓にたまり心臓が拡張した時に動脈壁にかかる圧力のこと

高血圧とは、最高血圧が140mmHg以上または、最低血圧が90mmHg以上のことをいいます。

高血圧の状態を放置していると動脈硬化を引き起こし血管がもろくなっていきます。

その結果、血管の破裂や血栓も出来やすくなったりと様々な合併症を引き起こします。

本能性高血圧症
高血圧症の約90%の方が本能性高血圧症。
生活習慣(食事、ストレス、過労など)や遺伝などが複雑に影響しています。

二次性高血圧症
原因となる病気があり腎臓病による高血圧、副腎や甲状腺などの内分泌異常による高血圧などあります。
原因となる疾患を取り除くことによって治療できます。


高血圧は自覚症状がないのでサイレントキラーと言われていますので健康のバロメーターとして

普段から測定し自分の血圧を把握しておきましょう。


脂質異常症

脂質異常症は血中のコレステロールやトリグリセリド(中性脂肪)が多くなり過ぎた状態を言います。

血中のコレステロールには善玉コレステロール(HDLコレステロール)と

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)があります。

LDLコレステロールは血管壁に取り込まれて蓄積されると動脈硬化を引き起こすので悪玉コレステロールと呼ばれています。

HDLコレステロールは血管や組織に蓄積したコレステロールを運んでくるので善玉コレステロールと呼ばれています。

血中のLDLコレステロールやトリグリセリドが増加すると動脈硬化が起こりやすくなります。

動脈硬化になると高血圧はもちろん、血栓ができやすくなるので

脳梗塞、心筋梗塞の発症リスクを高めてしまいます。


脂質異常症の主な原因

遺伝子の異常
先天的にLDLコレステロールの処理機能に異常があると食生活などに問題がなくても発症します。

他の病気や薬
糖尿病や肝臓病など、他の病気や薬によっても脂質異常症は起こります。

生活習慣
高脂肪・高カロリーな食事、糖分の摂り過ぎ、運動不足や飲酒、喫煙、ストレスなど
運動や食生活などの生活習慣の乱れによって起こります。


脂質異常症のほとんどは、生活習慣の乱れによって起こるので生活習慣を改善することが大事です。

糖尿病

糖尿病とは、血中のブドウ糖が多くなりすぎることにより血管や神経、

腎臓など全身の様々な組織や機能に障害を与える病気のことをいいます。

1型糖尿病
血糖値をコントロールするインスリンの分泌能力が著しく低下しているか、全く分泌されないため
インスリンが不足して発症します。毎日のインスリン注射が必要です。

2型糖尿病
糖尿病になりやすい遺伝的な体質に過食や運動不足など生活習慣が誘因となって発症します。
インスリンの分泌が悪かったり、インスリンの働きが悪いために起こります。
インスリン注射は不要で食事療法と運動療法で治療が可能です。

糖尿病の原因

画像

糖尿病と診断された方の9割以上は2型糖尿病です。
糖尿病にならないためには普段の食生活を気をつけ適正体重を維持することがとても大事です。



肥満

変形性膝関節症ついて

ロコモティブシンドロームについて

五十肩・四十肩について

頭痛について