本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

老化物質の正体はAGE

誰でも加齢により皮膚がたるんだり、血管がポロポロになったり、視力が衰えたりしてきます。

これらの老化現象は、自然にそうなるのではなく、身体の中で何らかの変化が起きた結果です。

実は、これら老化のきっかけとなる物質があるようです。

その老化物質とは「AGE」といわれる物。

このAGEとは糖化物質。

AGEが老化物質

AGEはタンパク質が糖化して、変性した物でAGEは、血液中に糖分が多い状態で作られます。

なので食事を多く摂りすぎたり炭水化物や糖分を多く摂るとAGEが作られ老化を早めてしまいます。

AGEを考える場合、重要なのは血糖値です。

これが高いとAGEが作られ、老化が進むことが考えられます。

体内に糖がたくさんあればあるほど、タンパク質が糖と結びついてAGEが作られます。

そして、高い血糖値の期間が長く続けば続くほど、その間にAGEがつくられ、老化が進みます。

ですので血糖値が正常の範囲内にあっても、長く生きてると、その分、AGEの量は多くなる

ということです。

つまり長く生きていると、血管が傷んだり、脳梗塞や心筋梗塞になったり、

歯周病になったり、骨がもろくなったり、

認知症になるなど老化現象があらわれるということになります。

「長生きすれば、それだけ組織がボロボロになり、老化するのは当たり前」

だとは思いますが、なぜボロボロになるのかという老化現象にはAGEが深く関わりがあり

逆に考えればAGEを増やさなければ老化の進行を防げるとも考えられます。


食べ物にもAGEが含まれています

AGEは高血糖によって身体の中で作られるだけではなく

AGEを多く含む食べ物を食べることでも体内に取り込まれます

AGEは、高温で加熱調理したものにたくさん含まれると言われています。
 
AGEはタンパク質と糖のメイラード反応でメイラード反応とは加熱により、

焦げ目がついたり、キツネ色になることです。

水を使わずに焼いたり、油で揚げたものによく見られます。

なので見た目でAGEの量がある程度判断できたりまします。

唐揚げやフライなど揚げ物は、みんなキッネ色なので、

AGEが高い食べ物になりこれらは老化を早めてしまいます。

高温で加熱したり、油で揚げたものは、キツネ色になりやすいので

毎日のように好んで大量に食べるのはさけた方が良いと思います。

AGEが多めの食事をとっている人は、長い間に

少しずつ積み重なって将来大きな差になっていくので普段から意識する事が大事だと思います。