横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

なぜお米は太ると言われているのでしょうか?

お米の主な栄養素は糖分です。

糖分は血糖値を上げてインスリンを分泌させます。

インスリンは脂肪の蓄積に関係があるホルモンで脂肪の合成、脂肪分解の抑制に働きます。

これが太ると言われている理由です。

実際、お米だけが太る原因ではもちろんありません。

このようなことからインスリンは太るホルモンとイメージがあるようですが

栄養素を細胞に取り込む大切な働きをしています。

栄養素の合成を促進して筋肉や脂肪組織、肝臓に栄養素を取り込んでいます。

摂取した糖分はインスリンの働きにより体内でエネルギーとして利用することが可能になります。

インスリンは、筋肉へのアミノ酸の取り込みも増加させるので

筋肉の分解を防ぎ合成を促してくれます。

つまり糖分は筋肉を強くするには必須の栄養素になります。

太りにくい身体を作るには

脂肪を燃焼させる焼却炉である筋肉を鍛える必要があるので

お米を食べた方が太りにくい身体を作ることができます。

お米(糖分)を減らすとやせる理由は

全体の摂取カロリーが減った為

身体に蓄えられていた糖分が減り体水分が減った為

などが主に考えられ体脂肪だけで落ちたわけではありません。

お米(糖分)の摂取量が少なすぎれば、筋肉量も減っている可能性もあります。

お米を食べ過ぎればもちろん太りますが

適切な量を食べていれば太ることはないので

お米=太る

では必ずしありません。