本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

乳酸は疲労物質ではなくエネルギー源

乳酸と言えば、今まで疲労物質と言われていました。

これまでは、乳酸が溜まることで疲労すると言うのが今までの常識でした。

ですが、近年では乳酸の働きが少しずつ解明されてきて乳酸の考えが変わってきています。

スポーツ科学の世界で乳酸は、筋肉を動かすエネルギー源と考えるのが新しい常識です。

乳酸は、激しい運動で素早くエネルギーが必要な時に発生します。

速筋と呼ばれるタイプの筋繊維が糖質を分解して

一気にエネルギーの元になるATP(アデノシン3リン酸)を作る際に乳酸が発生します。

発生した乳酸は血液に出ても再び筋肉に入ってエネルギー源であるATPを作るために使われます。

乳酸を日常生活での疲労感の原因とする見方は

今でも根強いですが、アスリートでもないのに身体に溜まる乳酸を意識する必要はあまりありません。

日常生活では基本的に大量の乳酸が発生しないからです。

階段を何階も上るような場合には乳酸が多く出ることもありますが、

安静にして30分もすればなくなってしまいます。

翌日まで乳酸が溜まって疲れが残るなどは考えられません。

慢性的な疲労の原因については、未だに科学的にまだ解明されていないのが現状です。

体内でのエネルギー生成の仕組みは、まだまだわかっていないことが多いです。

スポーツ選手の場合、今後トレーニング法など変わってくる可能性もありますね。