本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

内臓脂肪は生活習慣病の誘発に

高血圧や脂質異常症などの生活習慣病の多くは肥満と関係があります。

肥満=皮下脂肪と考えてしまうと、皮下脂肪が悪いと考えがちですが

皮下脂肪より内臓脂肪と言われる内臓の周りについた脂肪が生活習慣病と密接な関係をしています。

皮下脂肪と内臓脂肪は別ものです。

皮下脂肪は、お腹の皮膚の下にあり、つまむことができます。

内臓脂肪は、腹部の内臓の周りにありつまむことができません。

代謝の観点からを見ると、内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、機能的に活発な細胞になります。

内臓脂肪は、脂肪を溜めやすい一方、燃焼されやすい性質を持っています。

内臓脂肪が多いかどうかは、CTスキャンを用いないと医学的には判断ができません。

しかし、CTスキャンは浴びる放射線の量が多いので、

内臓脂肪の確認のためにCTスキャンの検査をするのも考えものです。

そこで1つの目安になるのがお腹まわりのサイズです。

内臓脂肪の目安はお腹のサイズ

日本人の場合

男性で、お腹まわりが85cm以上女性で90cm以上あると

BMI(体格指数)の数値と関係なしに

内臓脂肪が増加している可能性があると言われています。

特にお腹周りがあるのに、お腹の皮下脂肪を手で摘めないようだと

内臓脂肪が増加している可能性が高いです。


お腹周りのサイズに加え

・血圧130/85mmHg以上。

・中性脂肪値 150mg/dl以上
 HDLコレステロール値 40mg/dl未満
 (いずれか、または両方)

・空腹時血糖値110mg/dL以上


のうち2項目以上当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

メタボリックシンドロームは、動脈硬化を促進し心筋梗塞などを誘発してしまいます。

普段から食事を気をつけ運動をするなどして脂肪を溜めこまないようにすることが大事です。