本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

メタボリックシンドローム

肥満の人は、高血圧糖尿病脂質異常症などの病気を起こしやすくなります。

しかもその中には、このうちの複数の病気を併発している人が少なくありません。

肥満、高血圧、脂質異常症、高血糖の4つには、

互いに重なり合って発症しやすい密接な関係があります。

とくに肥満(内臓脂肪型肥満)が進むと、ほかの3つの病気も悪化して併発しやすくなってしまいます。

併発してしまうと、相乗的に動脈硬化を進め

心筋梗塞などを起こす危険性が非常に高くなります。

肥満に加え、どれか1つが重なると

冠動脈疾患(心筋梗塞など)のリスクが10倍に

2つ以上が重なると30倍にもなると言われています。

メタボリックシンドロームとは、このように肥満をベースにして、

高血圧、高血糖、脂質代謝異常(コレステロールや中性脂肪が多い状態)のうちの

いくつかの危険因子をあわせもった状態の事を言います。

メタボリックシンドロームかどうかの診断の基本は、ウエストのサイズです。

メタボリックシンドロームは、皮下脂肪よりも内臓脂肪と深く関係していて

ウエストサイズは、内臓脂肪の蓄積状態を知るための、目安になるのです。




メタボリックシンドロームの診断基準
腹部肥満 ウエストサイズ 男性85cm以上 女性90cm以上
中性脂肪値
HDLコレステロール値
中性脂肪値 150mg/dl以上
HDLコレステロール値 40mg/dl未満
(いずれか、または両方)
血圧 収縮期血圧(最高血圧) 130mmHg以上
拡張期血圧(最低血圧)  85mmHg以上
(いずれか、または両方)
血糖値 空腹時血糖値 110mg/dl以上



メタボリックシンドロームの危険因子(肥満、高血圧、脂質異常症、高血糖)に共通しているのは

食べ過ぎや飲み過ぎによるカロリー過多と運動不足が主な原因です。