本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

目の疲れはブルーライトが原因

目の疲れにブルーライトと呼ばれる光が関係していると言われています。

ブルーライトとは、可視光線(目に見える光)の中で最もエネルギーが強く、

眼の奥の網膜まで届く青色光のことで日常生活で普通に見ています。

テレビやパソコン、スマートフォン、携帯ゲーム機などの液晶画面には

LED(発光ダイオード)がバックライトとして使用されていることが多く、

ブルーライトを強く発生させています。

このブルーライトに目をさらし続けると、網膜が傷つく恐れや、生体リズムへの影響

頭痛などの症状に発展する可能性もあると考えられています。

ブルーライトは、紫外線に近い性質の光です。

紫外線に近い性質のブルーライトに長時間接した場合、

網膜(光を受け取り、信号に変え、脳に送る役割をしている透明の膜)

に変性が起きる可能性が考えられます。

それにより、目の疲れやかすみ、ドライアイの原因になることや

不定愁訴、あるいは頭痛などの症状に発展する可能性があります。

さらに光刺激と様々なホルモン分泌の関係が認められてきており、

自律神経などの神経系から、脳機能への影響不眠、生体リズムの乱れにも

影響を与えているのではないかと考えられています。

ブルーライト対策としてブルーライトをカットするメガネや液晶保護フィルムなどがあります。
 
仕事上、パソコン作業が多い方は、ブルーライトをカットするメガネなどを使うと良いです。

目の疲れを和らげ肩こりや首こり、頭痛などの軽減にも繋がります。


目を守るために下記の点にも注意

●1時間に10分程度の適度な休息を取る
 遠くの景色を見て目の疲れを取る

●モニターが目線に対して下側になるようにする
 
●目とモニター画面の距離を40~70cm離す
 
●目薬などを使用し、目の乾燥を防止する

●室内の照明環境のバランスを保つ
 ・部屋の明るさ、画面の明るさ、手元の明るさの調整をし、
  差があまり出ないようにする
 ・窓からの光や、照明の光がモニターに映りこまないようにする

●良い姿勢を心がける
(悪い姿勢(猫背など)を続けると、目の疲れ、肩こり、腰痛などの原因に)



ブルーライトは身体に良くないと言われていますが

ブルーライトを長時間見続けるライフスタイルは、ここ数年の間に広まったものなので、

身体への影響はまだ予測に過ぎません。

ですが、ブルーライトをなるべく見ないようにすることで

悩まされている不定愁訴などが改善されるかもしれませんので気をつけると良いと思います。