本文へスキップ
アイデアル ボディ デザイン    自宅で気軽にフィットネス!出張パーソナルトレーナー
Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン

お問い合わせ・ご予約はコチラ

神奈川県横浜市西区

空腹時に運動をした方がいい?

悩む女性

体脂肪を効果的に燃やすなら空腹時での運動が良いと聞いたことあるかもしれません。

空腹時は、エネルギー源である糖質が不足しているので優先的に脂質が使われます。

なので、運動するなら空腹時の方が効果があります。

ですが、空腹時での運動はとても危険な行為なのでやっている方は今すぐやめましょう。

空腹時の運動は危険

空腹時は、身体のエネルギー源である糖質が不足している状態です。

つまり血糖値が低下してくると空腹感を感じるようになります。

この状態で運動をすると低血糖でめまいや貧血を起こしてしまう可能性があります。

空腹時での運動は、運動中の危険が起こりやすい状態と言えます。

また、集中力の低下も招く可能性も高く運動の質も落ちてしまい運動を効果的に行えなくなるかもしれません。

運動の質が低下するとエネルギー消費量も少なくなってしまいます。

空腹時は筋肉が分解されやすい状態で太りやすくなる

壁によりかかる女性

空腹時は、タンパク質の分解が優位になっている状態です。

この状態では糖新生を起こしてしまいます。

糖新生とは、糖質以外から糖質を合成することで、主な材料はタンパク質であるアミノ酸です。

筋肉をアミノ酸に分解して糖質を合成します。筋肉を分解するので太りやすい体質を作っていることになります。

空腹時での運動は、脂肪燃焼が優先的になるかもしれませんが

筋肉の分解を促進させてしまい太りやすい身体を作ってしまうと言えます。

運動前は十分なエネルギー確保を

空腹時での運動は、運動中の危険が増し運動の質の低下、筋肉を分解させ太りやすくなる可能性があります。

食事をして何時間も経っていて空腹を感じるようであれば運動する前は、

何か口にしてから運動をするようにしましょう。

エネルギー源である糖質をしっかりと摂った状態で運動をすれば、

これらを防ぎ運動の質も高め運動をより効果的に行うことができます。