横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

高脂肪食はシナプスを破壊する

糖質制限をしていると必要なカロリーを脂肪やタンパク質から補うことになります。

高脂肪・高タンパク質な食事に必然的になってしまいます。

脂肪やタンパク質は、身体にって重要な栄養素ですが摂り過ぎは健康を害してしまいす。

米国ジョージア医科大学の研究で高脂肪食によって肥満になると

ニューロン間の接続(シナプス)の破壊に繋がるとの報告があります。

シナプスは、脳内の免疫細胞によって破壊されるそうで例え肥満を解消しなくても低脂肪食にすれば、

シナプスの破壊をやめて認知機能の維持につながるとのことです。

つまりこれは高脂肪食は認知機能障害の原因になる可能性があることになります。

ただしこの研究は、あくまでマウスを使った※動物実験

なのでこれが人に当てはまるとは言えませんが、人にも同じことが起こる可能性もないとは言えません。

※タンパク質や他の主要栄養素は同じにして
カロリーの10%が脂肪の低脂肪食と60%の高脂肪食での比較。

糖質制限などでは必然的に高脂肪食になってしまうので

もしかしたら脳内のシナプスが破壊されて

将来認知症の発症リスクを高めてしまうの可能性もあるかもしれません。

また、特に※飽和脂肪酸の摂り過ぎは、

動脈硬化を促進させ高血圧や脂質異常症などのリスクを高めてしまいます。

※飽和脂肪酸は、常温で固体の脂肪で主に動物性の脂肪