本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

コレステロールは少ない方が良い?

コレステロールと言えば、「高いとよくない」「食事と薬で下げなければ」

と言うイメージを持っているかもしれません。

身体に悪い物だと思い込んでいる方も多いと思いますが必ずしも悪者と言うわけでもありません。

コレステロールは脂質の一種で

細胞膜を作る成分や体内でホルモンを作る材料やビタミンの代謝に関わる物質として必要な物です。

食品から摂取する以外にも体内でも作られています。

コレステロールは、血液中でリポたんぱく質と結合しています。

リポたんぱく質の種類(比重)によって、身体への影響が異なります。

比重が軽いVLDLコレステロール、LDLコレステロールは、

コレステロール、脂質を肝臓から身体の組織に運ぶとともに、

増加すると血管壁に入り込んで動脈硬化を進めます。

コレステロールが高いと健康に良くないと言われるのは、

このLDLコレステロールについてのことです。

LDLコレステロールは、心臓疾患や脳血管疾患の危険も高めることに繋がります。


これに対して、メタボリックシンドロームの

判定基準に取り上げられているHDLコレステロールは、比重が大きく

組織のコレステロールを肝臓に運んでくれます。

LDLとは逆に血管をキレイにする働きがあるため、少なすぎると問題になります。

以前は、こうした各種コレステロールの合計である

総コレステロール値によって治療の必要性が判断されていましたが、

健康に悪影響を持つLDL、良い働きを持つHDLの

それぞれの量が重要なことが明らかになってきています。

また、コレステロール値が高いことが、

そのまま心臓疾患や脳血管疾患に繋がるわけではなく、

血圧、血液中の他の脂質や糖質の量、性別、年代などによって

死亡率が違うこともわかってきています。

コレステロールが少なすぎても免疫の低下、他の疾患のリスク上昇の不安があるようです。

また、以前はコレステロールの上昇に繋がるとされていた

卵についても、大量に摂らなければ人によっては、影響がないという研究結果もあります。

コレステロール値だけを気にして特定の食品を避けたり、

健康食品に頼ったりするのではなく、生活を総合的に見直して、

食べ過ぎと運動不足による摂取エネルギーの過剰をストップし、

食事内容の偏りを改善する
(野菜や海藻、キノコなどから食物繊維を多く摂る、肉・魚をバランスよくなど)

と言った対策が必要になってきたと言えるでしょう。