本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

コラーゲンを口から摂取しても意味がない?

美肌に良いと言われるコラーゲン。

美容目的でコラーゲンを摂っている方はとても多いかと思います。

でも

コラーゲンも酵素と一緒で口から摂取しても意味がないと言われています。

まず、コラーゲンを食べても美容に良いと言う科学的根拠がありません。

コラーゲンも酵素と一緒でタンパク質から構成されています。

つまり

コラーゲンを摂っても分子が大き過ぎてコラーゲンのまま身体に吸収できないと言われています。

身体に吸収するには、アミノ酸まで分解する必要があります。

コラーゲンを構成するアミノ酸は

グリシンが50%、プロリンとヒドロキシプロリンが21%、アラニンが11%と言われています。

体内で合成できない必須アミノ酸は、ほとんど含まれていません。

アミノ酸に分解され吸収された物は、遺伝子情報によって

体内で再びタンパク質に合成し必要な個所に使われます。

この時、コラーゲンで摂取した物がコラーゲンに再合成されるわけではありません。

さらに、コラーゲンは靭帯や腱、血管などにも存在していますので

都合良く肌に使われると言う事も考えにくいです。

でも、こんなデータもあるようです。

コラーゲンを摂取すると
体内のコラーゲン生成が活発になる


つまり

コラーゲンを摂取すると体内で作られるコラーゲンの量が増える為

肌にも効果が期待できる

正直、体内で作られたコラーゲンが

都合よく肌に使われるとは考えにくいとは思いますけどね。

プラシーボ効果もあるかもしれませんね。

また、こんなデータもあるようです。

動物実験では、コラーゲンペプチド(コラーゲンよりも分子量が小さいコラーゲン)は、

ある程度ペプチドの状態で吸収されたと言うデータもあるようです。

あくまで動物での効果ですので人間でも同じような効果があるわけではありません。

コラーゲンは、科学的根拠が不十分なのが現状なんです。

コラーゲンの他に美肌に良いと言えばヒアルロン酸もありますが

これも分子が大きい為、ヒアルロン酸のまま吸収できません。

ヒアルロン酸が入っているドリンク等ありますが

ヒアルロン酸も口から摂っても意味がないと考えられます。

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類で糖分とアミノ酸から構成されていますので

口から食べても消化され、糖分とアミノ酸になり吸収されます。

このように健康食品は、科学的根拠が不十分なので実際に効果があるとは言えないんですね。

効果があれば、医薬品になっているはずです。