本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

筋肉痛がないと効果はないのですか?

筋肉痛があるから効果がある

筋肉痛がないから効果がない

と言うわけではありません。


筋肉痛になる詳しい理由は分かっていませんが、原因の一つとして筋肉の損傷が考えられます。

負荷の強い運動をすると筋肉にはミクロ単位で微細な損傷ができます。

負荷の強い運動とは、一般的に筋力トレーニングのような運動です。

身体は、この損傷を修復する過程で以前よりも強い筋肉を作ろうとします。

これを繰り返すことによって徐々に筋肉が発達していきます。

筋肉痛とは、この筋肉の損傷の度合いが大きいとなると言われています。


筋肉痛がある≒筋肉の損傷が大きい



同じ運動を継続していると最初は筋肉痛になってもその後はならなくなります。

これは、その運動に身体が慣れてきたからです。

慣れてきたら徐々に負荷を強くしていく必要がありますが

ここでまた筋肉痛になると言うわけでもありません。

定期的に運動を行っている人は、筋肉痛に対して抵抗があり筋肉痛は起こりにくくなります。

負荷の強い運動をしても筋肉痛が起こりにくい状態です。


筋肉痛がない=負荷が弱かった ではありません


筋肉痛がなくても適切にやっていれば筋肉はちゃんと強くなっていきます。

逆に筋肉痛があり過ぎると筋肉は強くなりません。

運動をすると筋肉の合成(タンパク質の合成)が活発になりますが

その期間は永遠に続くわけではなく、その期間中に※超回復が起こるようにしないといけません。

※超回復とは、筋肉を修復する過程で以前よりも強い筋肉を作ること

損傷が大き過ぎると修復しきれなくなると言うことです。

筋肉を発達させるには、必ずしも筋肉を損傷させる必要があるわけでもなく様々な要因があります。

筋肉痛は必ずしも必要ではありません。