本文へスキップ
アイデアル ボディ デザイン    自宅で気軽にフィットネス!出張パーソナルトレーナー
Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン

お問い合わせ・ご予約はコチラ

神奈川県横浜市西区

変形性膝関節症


膝が痛い人

歩いたり階段の上り下りの際に膝に痛みがありませんか?

年配の方で膝に何らかの違和感がある方は、とても多いです。

その膝の痛みは、変形性膝関節症かもしれません。

変形性膝関節症とは?

関節軟骨の変性、磨耗による荒廃と、それに伴う軟骨および骨の新生

増殖による慢性、進行性の変形の関節疾患のことです。

簡単に言えば、加齢、肥満、怪我などにより、関節の軟骨がすり減りさらに骨が変形し痛みを生じる病気です。

男性よりも女性に多く見られ加齢により膝に痛みを感じるようになります。

主な症状は膝の痛みと水が溜まることです。

立ち上がったり、歩き始めなど動作の開始時に痛みが出ることが多いです。

休めば痛みが取れますが、正座や階段の上り下りが困難となったりする場合があります。

症状がひどくなると、安静時にも痛みが取れず変形が目立ち膝が伸びず歩行が困難になります。

原因は?

関節には、骨と骨が直接擦れ合わないように骨と骨の連結部には関節軟骨があります。

この関節軟骨がクッションの働きをし関節への負担を減らしていますが、軟骨は消耗品費です。

長年の生活により軟骨は徐々にすり減りクッション性が失われていきます。

軟骨がすり減ることで骨同士が直接あたるようになり膝に痛みが出てくるようになります。

主な原因は、加齢による軟骨のすり減りと変形ですが、その他にも肥満なども関係しています。

体重が重ければ、その分関節軟骨に加わる負荷も大きくなるので軟骨がより消耗しやすくなります。

また、骨折や靱帯、半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。

軟骨には、ほとんど血管が通っていない為、一度すり減った軟骨を再生させるのは困難と言われています。

膝周辺の筋肉を鍛えることが改善に繋がる

ストレッチする女性

消耗品費である軟骨の再生は困難と言われていますが、膝関節を保護させる周辺の筋肉を鍛えたり

体重が重く肥満傾向であれば、体重を軽くするなどすれば痛みを軽減させることは可能です。

膝周辺の筋肉は関節を安定させて負担を減らしてくれますので筋力向上や柔軟性の確保が重要となります。

筋力向上や柔軟性が向上すれば、筋肉がクションの働きをし痛みの軽減、改善に繋がります。

しかし正しく行わないと逆に痛みを悪化させてしまうこともありますし痛みが改善しない場合もあります。

また、骨盤や股関節などのバランス、O脚、X脚などあると膝や股関節の負担も増えるのでこれらを

改善させることでも痛みの軽減につながります。

これらの筋力や柔軟性のバランスが崩れることで起こります。