本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

ウォーキングは1日10,000歩必要なの?

健康づくりには「1日10,000歩歩きましょう」とよく言われますよね。

ところで10,000歩ってどのくらいになるのでしょうか?

万歩計がなくても歩数を時間で大まかな目安にできます。

10分歩くとだいたい1,000歩と言われています。

ですので、10,000歩は100分歩かなくてはいけないことになります。

かなりの時間ですね。

1日10,000歩の根拠は?

厚生労働省によると、日本人が1日に摂取するカロリーは、平均して2,200kcalだそうです。

そのうち生命維持に必要なカロリー(基礎代謝)は人によって違いますが、

だいたい1300~1500kcalと言われています。

歩いたり、動くことによって、600~800kcal消費されますが、

多くの日本人の場合、1日当たり100~300kcal余ってしまっている状態です。

100kcalは体脂肪にするとわずか約14g。(体脂肪は1gあたり約7.2kcal)

たったこれだけと思っていても、日々積み重なっていくと、将来大変なことになります。

実は、ここに「1日10,000歩歩きましょう」と言われる根拠があります。

体重60kgの人の場合、1分間100歩のペースで歩くと約3.3kcalを消費します。

30分歩けば約100kcal

100kcalを消費するのに、

3,000歩・30分が目安になるわけです。

ちょっとカロリーが余り気味だと言う人は、仮に300kcalオーバーだとして、

9,000歩・90分を目安に歩くとちょうど消費出来る計算になります。

9,000歩・90分では覚えにくいので、

1日1万歩・100分という数字が一般化しているわけです。

健康作りのために1日10,000歩、歩くのが良いと言うより

カロリー管理をしっかりすること。

また、運動としての効果が出るような運動をしたかだと思います。

歩くペースや歩き方によってもウォーキングの効果は変わってきますので

歩数はあくまで目安です。

歩数にこだわる必要もありません。