本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

人にとって良い菌と悪い菌

一般に菌は、細菌、ウイルス、真菌(カビやキノコ類)の3種類を全て菌と呼んでいますが

それぞれ細胞の構造も増殖の仕方も違う、まったく別の生き物です。

食べ物を腐らせる腐敗菌、人に有益なビフィズス菌や納豆菌は、いずれも細菌類に含まれます。

細菌の話に限れば、人体には100種類以上、100兆個もの細菌が常在し、

人間社会と同じように良いやつと悪いやつがせめぎ合っている状態です。

例えば、乳酸菌は腸内を弱酸性に保ち、アルカリ性を好む病原菌の数を抑えてくれます。

でも、身体が弱っていると、悪性の菌が増殖してお腹をこわすと言った症状が表れます。

つまり人にとって良い菌は、悪い菌から身体を守ってくれるってことですが

菌の善悪はそう単純に分けられるものではありません。

サルモネラ菌のように毒素を持つ菌は明らかに悪性。

しかし人にとって有害かどうかは、菌の居場所と量によっても変わります。

例えば、大腸菌は食べ物に付いて増殖すると

食中毒の原因になりますが、もともと人間の腸内にも

大量に棲息していて、消化を助けてくれる良い面もあります。

このように同じ菌でも、その働きの良し悪しはまちまちです。

ちなみに、健康食品と言われる納豆に欠かせない納豆菌も腐敗菌の仲間です。

要は味方にもなれば、敵にもなるってことですね。