横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

フルーツの食べ過ぎは中性脂肪の増加を促し肥満を招く

フルーツには、ビタミンやカロテン、ポリフェノール、食物繊維などが含まれています。

多くの方が身体に良いイメージを持っているのではないでしょうか。

中には身体に良いからと言ってたくさん食べている人もいるかと思います。

もちろんフルーツには、たくさんの栄養素が含まれているので食べるのはとても良いこと。

ですが、フルーツの食べ過ぎは肥満の原因になってしまうので注意が必要です。

フルーツには果糖と言う糖分が多く含まれています。

果糖は、ブドウ糖と違い血糖値をあまり上げないと言う特徴があります。

血糖値をあまり上げないので糖尿病の人にも良いとされていますが、

果糖は中性脂肪に変換されやすく肥満になりやすいです。

わかりやすく言うとフルーツは野菜の砂糖漬けのような物です。

砂糖(ショ糖)は、ブドウ糖と果糖からできているので砂糖も太りやすいです。

肥満の予防には、血糖値の上昇を抑えた方が良いとされていますが

果糖のGI値(血糖値の上昇をみる数値)は低いです。

一般的にGI値が低い食品の方が太りにくいと言われています。

ブドウ糖と果糖を比べた場合、ブドウ糖の方がGI値が高く果糖の方が低い

でも実際は、ブドウ糖よりも果糖は太りやすいです。

果糖とブドウ糖は、代謝の過程が異なります。

果糖は代謝のスピードが速く肝臓で代謝され中性脂肪に変換されます。

ブドウ糖よりも中性脂肪の合成を促すので太りやすい性質を持っているのです。

ビタミンの補給にフルーツを食べることは良いですが食べ過ぎには注意しましょう。

1日200g程度が目安

活動量によっても必要量は変わってくるので自分の活動量に応じて調整できると良いと思います。

また、ドライフルーツではビタミンCが少なく果糖が多くなっていたりするので

ドライフルーツの食べ過ぎにも注意しましょう。