本文へスキップ
アイデアル ボディ デザイン    自宅で気軽にフィットネス!出張パーソナルトレーナー
Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン

お問い合わせ・ご予約はコチラ

神奈川県横浜市西区

皮膚の弾力や柔軟にアミノ酸

弾力や柔軟のある皮膚は、見た目もキレイですが、

外部からの保護機能という皮膚本来の働きにおいてもアミノ酸は重要です。

皮膚の若さを保つには

日ごろからスキンケアをすることも大事だと思いますが

日ごろの食生活を意識して身体を内側からケアすることもとても大切です。

皮膚に良い栄養と言えば、コラーゲンが思いつくと思います。

コラーゲンは、皮膚の弾力や柔軟を保っています。

コラーゲンの他にエラスチンと言われる物もあります。

これらコラーゲンやエラスチンは、タンパク質です。

つまりコラーゲンやエラスチンを生成するには、タンパク質をしっかりと摂ることです。

コラーゲンを含むドリンクなどありますが、コラーゲンを口から摂取しても

医学的には意味がないと言われています。

コラーゲンは分子が大き過ぎて、コラーゲンのまま体内に吸収できないからです。


コラーゲンやエラスチンには、グリシン、アラニン、プロリンという

アミノ酸が多く含まれています。

また皮膚の表面にある角質層は、乾燥から細胞を守っています。

この角質層にはセリンと言うアミノ酸が多く存在し水分を蓄える働き(保湿)をしています。

これらのアミノ酸が不足してしまうと皮膚の弾力や柔軟、水分が失われてしまうわけです。

皮膚の弾力や柔軟を保つ為にも日ごろから

アミノ酸を意識して摂取し内側からケアしましょう。