本文へスキップ
横浜市を中心にパーソナルトレーニング・ストレッチ・整体を提供。出張専門、ご自宅でお気軽に受けられます。東京都、川崎市、鎌倉市などへの出張も可。

パーソナルトレーニング整体 Ideal Body Design  アイデアル ボディ デザイン            住所 神奈川県横浜市西区 ※マンションの一室
   

営業時間 9:00~23:00 定休日 不定休
矢印お問い合わせはコチラをクリック

ダイエットの停滞期について

厳しい食事制限と軽い運動で約1ヶ月で6kg落としました。
でもそれ以降一向に体重が落ちません。
運動を増やしたいけど疲れやすくてやる気も出ません。
食事量をもっと減らした方がいいのでしょうか?


ダイエットをしていると最初は体重が落ちていきますが

やがてある日を境に一向に減らなくなる停滞期を迎えることがあります。

この停滞期、特に厳しい食事制限をしている方の多くが経験しているのではないでしょうか?


全然食べていないのになぜ?


厳しい食事制限して摂取カロリ-が少なすぎると身体は飢餓状態と認識します。

いわば飢餓状態は生命の危機です。

生命の危機の状態でカロリーを消費している場合ではありません。

身体は、自分の生命を守るべく、なるべくカロリーを消費しないようになります。

つまり省エネモードに切り替わるわけです。

全然食べていないのにやせないのは、身体が省エネモードになり

少ないカロリーでも生き延びれるようになったからです。

やせないからと言ってこの状態でさらに食事量を減らすのは危険です。

この危機を脱出り停滞期を打破するには、

食事量を増やすことが必要です。

ですが、この状態でいきなり食事量を増やせば直ぐに元に戻ってしまう可能性があります。

そうなったら今までの苦労が全て水の泡になるかもしれません。

飢餓状態では、また危機的状態になっても生きられるようになるべく体脂肪を蓄えようとします。

なので食事はちょっとずつ増やしてみて身体の調子が良くなり始めたら

運動を 特に筋力トレーニングを入れてみてください。


本来ダイエットは、食事の摂取カロリーをやや抑える程度にして

1ヶ月に1kg程度落とすくらいの目標でやるのが良いです。

無理な食事制限は、悪循環に陥るだけなので止めましょう。