本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

有酸素運動をしているのにやせないのは?

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
やせる為に有酸素運動を一生懸命頑張っているのに一向にやせない人いませんか?
もちろんやせた人もいるはずですが、全員が全員やせるとは限りません。
一生懸命に頑張っているのになぜやせないのでしょうか?

身体は運動だけしていてもなかなか変わらない

太るかやせるかを決めるのは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。
消費カロリーが摂取カロリーよりも多ければ、体重は落ちていきます。
やせるにはカロリー収支をマイナスにすれば嫌でもやせていきます。
運動をすればカロリーを消費できますが、運動で消費するのは実はとても大変です。
運動で頑張ってカロリーを消費してもそれ以上に食べていたら当たり前なのですがやせることはできません。
やせるには、運動よりも食事の管理の方が大切です。
食生活を変えることができなければやせるには難しいです。
有酸素運動を頑張っているに一向にやせないのは消費した分以上に食べているのではないでしょうか。
一度自分の食生活を見直してみましょう。

走っている女性

ダイエットを繰り返しているとやせにくくなる

過去に過度の食事制限だけでのダイエットを何度も繰り返した経験がある人は太りやすい身体になっている可能性があります。過度の食事制限をすると身体は飢餓状態と認識し不足分のエネルギーを補おうとします。この時に脂肪だけが利用されるなら良いのですが、筋肉も利用されます。
糖質は脂肪酸からは作られないので筋肉を分解して糖質を生成します。
筋肉はエネルギーを燃やす焼却炉ですので筋肉が分解されると代謝が落ちてしまい太りやすくやせにくくなります。一度分解された筋肉は、食事量を戻しても元には戻りません。
運動をしない限り元には戻らないのです。
代謝が落ちた状態で有酸素運動をしても「なかなかやせない」と言う事が起こってしまいます。
思い当たる人は、有酸素運動ではなく筋力トレーニングをして代謝を上げるようにする必要があります。
代謝を上げるには、運動強度の高い運動が必要になるのですが、それが筋力トレーニングになります。


体重計に乗る女性

有酸素運動をやり過ぎると太りやすくなる

有酸素運動は運動中にエネルギーを消費しますが、安静時代謝に関してはエネルギー消費が低くなります。有酸素運動をしてエネルギー消費が高い状態が続くと身体は、なるべく普段エネルギーを消費しないようになっていきます。身体が節約モードに切り替わりますのでやり過ぎには注意が必要です。
どの程度がやり過ぎなのかは、難しいかと思いますが週3回20分程度なら問題ないかと思います。


やせるには運動よりも食生活の方が大事ですのでまずは食事を見直しましょう。
バランスよくを一番に考えて量は食べ過ぎないように
運動をやるなら有酸素運動よりも筋力トレーニングを優先に週2回程度行うといいです。
あとはそれを永く継続すれば自然とやせていきます。





更新日:2019年(令和元年)8月10日


パーソルトレーナー和泉 大樹

パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております。
特別な器具を使わない本格トレーニングを提供します。
興味のある方は是非一度ご相談ください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー