本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

有酸素運動はやり過ぎてしまうと太りやすくなる

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
ウォーキングやランニング、自転車などの有酸素運動は、運動中に脂肪燃焼を促してくれます。
ですが、やせたいからと言って有酸素運動ばかりしていると反対に太りやすくなってしまう可能性があります。
1回20~30分程度、週2~3回程度なら特に問題はないと思いますが、必要以上にやり過ぎないように注意が必要かもしれません。

ランニングをする女性

有酸素運動をやり過ぎると代謝の低下を招く

有酸素運動は、運動中に脂肪を燃やしてくれる運動ですのでダイエットには効果的です。
だからと言って必要以上にやり過ぎてしまうと逆に太りやすい身体を作ってしまうので注意も必要です。
その理由は、代謝の低下を招いてしまうからです。
日常的に有酸素運動を長時間行っていると常にエネルギー消費量が高い状態になります。
消費エネルギーが多い状態が長く続くと身体は、なるべくエネルギーを消費しないようになっていきます。
エネルギーを効率よく使うようになっていくので身体は省エネモードに切り替わります。
省エネモードになるので安静時代謝の低下を招いてしまいます。
有酸素運動を今後もやり続けるなら良いのですが、やめてしまうと以前よりも太りやすい身体になっているのでリバウンドしやすい状態と言えます。

疲れた女性

有酸素運動は筋肉を委縮させる

有酸素運動は、筋力トレーニングと違い筋肉を鍛える運動ではないので筋肉が付くと言うことはまずありません。
鍛えるどころか筋肉は反対に細く委縮していきます。
筋肉は大きく分けると速筋繊維と遅筋繊維に分けることができます。
速筋繊維は、瞬発力に優れ肥大しやすい筋肉で、遅筋繊維は持久力に優れ肥大しにくい筋肉です。
運動強度の低い有酸素運動では、速筋繊維は使われずに遅筋繊維が使われます。
有酸素運動をいくら頑張っても筋肉はそこまで大きくなることはありません。
筋肉が太いと燃費が悪くなり持久力は落ちてしまうので遅筋繊維はその性質上、肥大はしにくいのです。
筋力トレーニングをして肥大する筋肉は主に速筋繊維のほうです。
また、有酸素運動をやり過ぎてしまうと速筋繊維の遅筋化も起きてしまいます。

有酸素運動は1回20~30分、週2~3回程度に

公園を走る女性

長時間・長期間の有酸素運動は、筋肉を委縮させてしまい代謝自体は悪くなってしまいます。
やせたいからと言ってやり過ぎてしまうと太りやすい身体になってしまいます。
健康の為に有酸素運動を今後もやり続けるなら特に問題はありませんが、やせる為だけに一時的にやる場合は注意が必要かもしれません。どのくらいがやり過ぎになるかは難しいのですが、有酸素運動は1回20~30分、週2~3回程度でしたら特に問題はないかと思います。



更新日:2020年(令和2年)2月6日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー