本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

夜食が太りやすいのはBMAL1が関係している

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回は夜食が太りやすい理由についてのお話です。
夜に食べると太りやすいと言うのは誰もが知っていると思います。
実際に太りやすい時間帯ではありますが、なぜ太りやすいのでしょうか。
その理由は、いくつか考えられます。

メジャーでお腹を測る女性

夜はBMAL1(ビーマルワン)が増えて体脂肪合成が促進

体脂肪の合成は、体内にある「BMAL1」というタンパク質が関係しています。
BMAL1が体内に増加していると体脂肪の合成が促されて太りやすくなります。
このBMAL1は日内変動があり1日の中でも体内の量が増減し変動します。
BMAL1が増え始める時間帯は、20時以降と言われ20時以降は急激に増えていきます。
反対に一番少ない時間帯が14時と言われています。この時間帯は1日の中で最も太りにくい時間帯と言えます。
カロリーが高い物を食べるなら14時頃の時間帯が良いのかもしれません。
おやつの15時と言う時間帯は、比較的太りにくい時間と言えます。

BMAL1 の日内変動

夕食は20時前に終わらせると良い

BMAL1の関係で20時以降は太りやすい時間帯と言えるので、夕食は20時前に終わらせると太りにくくなるのではないでしょうか。とは言っても仕事をしていれば、どうしても夕食が遅くなってしまうこともあるので現実的になかなか難しいかと思います。
ですので可能な日だけでも20時前に終わらせてみてはいかがでしょうか。
20時以降になってしまう場合は、カロリーを少し量を抑えるようにすると良いかと思います。
この時、優先的に減らすのは脂質と糖質です。
タンパク質とビタミン、ミネラルは減らさないようにすることが大切です。

体内時計によっても変わるかも

私たちの身体には体内時計が存在しています。
ホルモンなどの分泌量は体内時計によっても管理されていますので朝型と夜型の人とでは、BMAL1の分泌の仕方が異なるかと思います。当たり前のことなのですが、これは全ての人に当てはまるわけではありません。

夜は消費カロリーが少ないのでたくさん食べると脂肪が蓄積される

レストランで食事をする女性

多くの方は、朝起きて活動をして夜寝ると思います。
夜は寝ているので昼間に比べて消費カロリーが少なくなります。
夜に食べた物は、エネルギーとしてあまり消費されませんので体脂肪として蓄えられやすくなります。
寝る前の食事は、食べ過ぎないようにすることが大切です。
また、夕食を食べたら数時間は空けてから寝るようにしましょう。
夕食を食べて寝るまでの時間が短いと食べ物が消化されていない状態で寝ることになり睡眠の質も悪くなってしまいます。寝ても疲れが取れないと言う方は寝る前に食事をしているのが原因かもしれません。
睡眠中でも消化作業は行われているので胃は活動をしている状態なのです。
食事から数時間は空けてある程度は、消化を終わらせてから寝るようにしてみましょう。



更新日:2020年(令和2年)1月23日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー