本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

運動をしていた人がやめて太る理由

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
学生時代に運動部だった人が社会人になって太ってしまうと言う話はよく聞くと思います。
運動部だった人は、運動部ではなかった人に比べ簡単に太ってしまう可能性があるので実は注意が必要です。

筋肉が脂肪に変わる!?

社会人になって太ってしまう人の中には「運動をやめて筋肉が脂肪に変わった」と思う方もいるかと思います。 ですが、実際に筋肉が脂肪に変わることはあり得ません。
筋肉と脂肪はまったくの別の組織なので組織自体が変わることはありません。
正しくは「筋肉が減りその分脂肪がついた」です。
太った理由は、運動をしなくなった為に筋肉が減ってしまい代謝が悪くなったからです。
筋肉は言い換えればエネルギーを燃やす焼却炉です。
筋肉量は代謝と関係があり筋肉が多いとエネルギーをより消費されるので太りにくくなります。
反対に筋肉が少ないとエネルギー代謝も低くなり消費カロリーも少なくなります。
運動をやめてしまうと筋肉は運動をする以前の状態まで徐々に元に戻っていきます。
一度つけた筋肉を維持する為には定期的な運動をして筋肉に刺激を与える必要があります。
運動は永く継続させることがとても大事になのです。

お腹の脂肪

運動量に合わせ食事量を変えましょう

運動部だった頃は、消費カロリーがとても多くたくさん食べていたかと思います。
それでも太ることはなかったのは食べた分が消費されていたからです。
食事量は運動量に見合った量にすることが大切です。
太ってしまう理由は、消費カロリーが少なくなったのに食事量が以前と同じで変わっていない為です。
運動量を減らすのは簡単なのですが、それに伴って食事量を減らすのはなかなか難しいものです。
いきなり運動量が減っても食事量もそれに合わせて減るとは限りません。
もし以前と同じ食事量なら余ったエネルギーは、体脂肪に変化して身体に少しずつ蓄えられていきます。
運動量が減ったのなら食事量も同じように減らすようにする必要があります。
食事量は自分の運動量に合わせて調整をするようにしましょう。

食事

それに運動部かどうか関係なく学生時代は代謝が良いので消費カロリーも多いです。
社会人になると誰でも太りやすくなるのは自然なことでもあります。
体型を維持していきたいと思っているなら社会人になっても定期的な運動をすることが大切です。  

 



更新日:2019年(令和元年)5月12日


パーソルトレーナー和泉 大樹

パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております。
特別な器具を使わない本格トレーニングを提供します。
興味のある方は是非一度ご相談ください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー