本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

暑くても寒くても運動の効果は同じ

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回は暑い部屋と運動についてです。
寒い部屋よりも暑い部屋の方が運動の効果が高いと思っている方意外と多いかと思いますが、
実は関係がありません。

外気温と運動の効果は関係ない

暑い部屋で運動をすると代謝がよくなりやせそうな感じがするかもしれませんが、まったく関係ありません。例えば、ホットヨガでも普通のヨガでも同じです。
外気温によって運動による消費カロリーが変わることはなく、汗をたくさんかけばその分、
代謝が上がったわけでもありません。相関性はもちろんありますが、完全にイコールにはなりません。

運動による消費カロリーは運動の内容によって決まる

運動をすればエネルギーを消費しますが、どのくらい消費したかは外気温ではなく運動の内容に依存します。例えば寒い部屋で30分ヨガをするのと暑い部屋で30分ヨガをするのでは同じです。
ヨガの内容が同じなら同じ運動の効果になります。寒いか暑いかは関係がありません。

安静時なら寒い部屋の方が代謝は高くなる

安静時代謝に関しては、寒い部屋の方が高くなり暑い部屋だと低くなります。
これは、寒い部屋だと体温を維持しないといけないからです。
代謝維持には相当エネルギーが必要になるのでその為にエネルギーを燃やすので代謝が高くなります。
反対に暑い部屋だと体温を維持する必要がないのでエネルギーを燃やさなくて済むので代謝は低下します。

夏と冬では冬の方が基礎代謝は高くなるので実はやせやすくなります。
基礎代謝だけを見れば、冬は一年で一番やせやすい時期とも言えるのですが、実際は太ってしまう人が多いかと思います。これは、忘年会やクリスマス、年末年始などイベントごとが多くいつもより食べたり飲んだりしてしまう機会が多いからではないでしょうか。
また、寒いと身体を動かさなくなり運動量も減ることも考えられます。
それ以外にも冬は本能的に脂肪を蓄えようとするので脂肪が蓄積されやすい状態だったりもします。

運動は自分が快適と思える室温で

個人的には暑い部屋で運動はおススメしません。
運動による消費カロリーはどっちも一緒なのに暑いときつくなるからです。
暑い部屋だと暑さで集中力が切れ運動の質も低下、また脱水の危険も増えでしまいます。
汗をかけば脂肪が燃えるとわけでもありませんしデトックスとかも効果はありません。
効率良く運動をするには暑い部屋よりも涼しい部屋の方が良いので運動をする時は、
自分が運動をしやすい室温でするのがベストかと思います。
単純に多量に汗をかきたい、汗をかく力をつけたいとかであれば暑い部屋でもいいですが、暑すぎる部屋は注意が必要です。脱水にはくれぐれもお気を付けてくださいね。

運動水分補給




更新日:2019年(令和元年)8月21日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー