本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

朝食を食べると代謝が良くなる

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
朝食は1日の消費カロリーを決めると言われています。
忙しいからと言って朝食を食べないと代謝が落ち太りやすくなってしまいます。
朝食を食べていない方はしっかりと食べるようにしましょう。

朝食

朝は飢餓状態

朝は前日の夕食から何も食べていない状態でエネルギーが不足しています。
言い換えれば飢餓状態になり身体のエネルギーが枯渇しています。
この状態は代謝も悪くなっている状態で、身体はエネルギーをなるべく消費しないようになっています。

タンパク質の分解が優位になっている

エネルギー不足の状態は、タンパク質の分解が優位になっています。
身体の主なエネルギー源は、主に糖質と脂質です。
朝はエネルギー源である糖質が枯渇していますので何も食べずにいると身体はエネルギーを体内で作ろうと働きます。
脳のエネルギー源は基本的には糖質です。
糖質を絶えず脳に供給する為に血糖値は常に一定の範囲内になるようにコントロールされています。
体内の糖質が少なくなると低血糖にならないように体内で糖質を合成しなければいけなくなります。
体内で糖質以外から糖質を合成することを糖新生と言います。
糖新生の材料は、主にアミノ酸で体内のタンパク質をアミノ酸に分解して糖質を合成します。
糖質が不足しているとタンパク質である筋肉を分解してしまいます。
エネルギーが不足すると脂肪が使われると思いがちですが、脂肪だけ使われるわけではありません。
そして、残念ながら脂肪の分解で生じた脂肪酸は、糖新生の材料になりません。


朝食を食べるとタンパク質の分解が抑えられる!体温も上昇

タンパク質の分解を防ぐには空腹状態を作らないことです。
朝何も食べずに空腹のまま活動しても活動量自体も減ってしまいエネルギー消費量自体が減ってしまいます。
朝食を食べで十分な糖質を摂取することでタンパク質の分解を防いでくれます。
タンパク質の分解を防いで合成に切り替える働きが朝食なのです。
朝食を食べないと体温が十分に上がらずに活動をすることになってしまいます。
朝食は、身体を活動モードにするスイッチをオンにしてくれるので1日の代謝を上げてくれます。
朝起きて体温を上げ代謝を高めるには朝食を食べることが大事です。
また、食事と食事の間の時間が長いと食事をした時の吸収率がいつもより高くなります。
体脂肪の合成も活発になり身体に脂肪が蓄積されやすくもなります。
同じ物を食べるなら何回かに分けて食べた方が太りにくくなります。
そして、脳のエネルギーも不足するので集中力が低下し仕事や勉強にも悪影響が出てしまう可能性もあります。どんなに忙しくても朝食はしっかりと食べるようにしましょう。
何か口にするだけでも変わるので食欲がなくても食べられる物で良いので食べるようにしてみましょう。
糖質とタンパク質は、最低限摂れると良いかと思います。





更新日:2019年(令和元年)12月19日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー 




カテゴリー

サイト内検索

メルマガ登録
健康情報をメールで受け取る



 
はてなブックマークに追加