本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

トランス脂肪酸の過剰摂取は注意!

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回はトランス脂肪酸についてです。
トランス脂肪酸を摂りすぎると、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなど身体への悪影響が報告されています。
なるべく摂らない方が良いのです。

トランス脂肪酸とは?

オイル

脂質には、常温で固体の飽和脂肪酸と常温で液体の不飽和脂肪酸があります。
トランス脂肪酸も脂質の一種となります。
不飽和脂肪酸は、炭素間の二重結合の構造の違いによってシス型とトランス型の2種類に分けられます。
不飽和脂肪酸のほとんどがシス型となりトランス脂肪酸は、主に食品を加工する過程によって作られます。
トランス脂肪酸は、水素添加した植物油を扱う過程で生成される副産物です。
不飽和脂肪酸は、炭素鎖の長さや二重結合の数などによってたくさんの種類が存在します。
トランス脂肪酸もたくさんの種類があります。
トランス型の二重結合を一つ以上持つ不飽和脂肪酸がトランス脂肪酸となります。
欧米では、健康への悪影響からトランス脂肪酸を厳しく制限・管理をしています。
ですが、日本ではあまり関心を持たれていないのが現状のようです。
日本で規制されていないのは、欧米と比較してトランス脂肪酸の摂取量が低いと言う理由があります。
日本人の普通の食生活でしたらトランス脂肪酸の過剰摂取にはならないとされています。
ですが、普通の食事をしていない人にとっては深刻な問題になってしまう可能性もあります。
それに普通の食事ってどういった物かも曖昧です。
日本の食生活も昔と比べて変わってきています。
食の欧米化になっているので人によってはトランス脂肪酸を過剰に摂取している人も多いのではないでしょうか。
では、どう言った物にトランス脂肪酸が多く含まれているのでしょうか。

トランス脂肪酸が多く含まれる食品とは?

トランス脂肪酸は、天然にも存在していますがそのほとんどが加工品です。
加工品に特に多く含まれていますので普段から加工品ばかり食べている人は注意が必要です。

マーガリン、バター、マヨネーズ、コーヒーのクリーム、お菓子類
(ケーキ、アイスクリーム、チョコレート菓子、クッキー、菓子パン、ポテトチップス、ドーナツなど)

インスタント・レトルト食品
(カップ麺、インスタント麺、缶のスープ、シチューのル-、カレーのル-など)

ファーストフード、冷凍食品など

色々なスナック菓子


食生活は個人によって大きく異なるかと思います。
普段の食生活でこれらの食品をほとんど食べない人もいれば、反対によく食べる人がいるのではないでしょか。
これらの食品を普段からよく食べる人は、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどになってしまう危険性が高まってしまいます。
もし現在、これらでお悩みであればもしかしたらトランス脂肪酸が原因かもしれません。
また、加工品ばかり食べていると栄養バランスも崩れてしまいます。
栄養バランスの崩れによる不調も出てきてしまいます。
身体オ不調でお悩みの方は、今一度自分オ食生活を見直してみてはどうでしょうか。



更新日:2020年(令和2年)5月4日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー