本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

ダイエットは低糖質と低脂質どちらがいい?

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
ダイエットをする際、低糖質と低脂質のどちらを考えるべきなのでしょうか。
どちらを選択するのが良いのか悩みどころかもしれませんが、どちらが良いと言うわけではありません。

鏡に映る引き締まった女性

低糖質、低脂質どちらが良いのかは自分の食生活によって違う

まず糖質も脂質も身体にとっては重要な栄養素なので必ず摂取する必要があります。
糖質も脂質も1日の推奨量がありますのでどちらが良いかは今の自分の食生活によって違います。
もちろん全ての方に当てはまるかと言うとそうではないかもしれませんが、健康体であれば栄養素は推奨量を目安に摂取するのが望ましいです。
現在の食事が、糖質過多なら糖質を制限するべきですし反対に脂質過多なら脂質を制限するべきです。
大切なのはそれぞれの栄養素のバランスとなります。
糖質50~60% 脂質20~30%タンパク質15~20%
これを1日の摂取カロリーの目安としてみましょう。

脂質は糖質より太りやすい

オイル糖質制限イメージ

即効性のあるダイエット法として糖質制限をしている方は多いかと思います。
その中には脂質は太らないと思っている方もいるようですが脂質も摂り過ぎれば太ります。
糖質と比べて脂質は太りやすいと言えます。
g単位でのカロリーは糖質と比べ約2倍以上あり、食事誘発性熱生産も糖質より少ないです。
食事誘発性熱生産とは、食事をした際に消費するエネルギーのことです。
食事をすると体温が上昇するのを感じたことがあるかと思いますが、それは食事誘発性熱生産によるものです。
食事で摂取した脂質は、分解されて吸収されますが利用されなかった分は、体脂肪として蓄えられていきます。
これは糖質でも言えることなのですが、糖質が脂質に変換する量は1日で決まっていたりしますが、脂質はそのまま体脂肪になります。また、タンパク質も摂り過ぎれば太ります。
現在の日本では糖質は手軽に摂れてしまうので過剰摂取にならないように注意はもちろん必要です。

太るかどうかは、カロリー収支によって決まる

どんな方法であれ太るかどうかはカロリー収支によって決まります。
ダイエットをしたいのであれば、食べる量を気にしないといけません。
ですが、カロリー計算は難しく現実的ではないのでカロリーよりも栄養バランスが整っているかどうかを最優先に考えてみましょう。
栄養のバランスを整えることで代謝が円滑になりエネルギーを消費しやすくなります。
バランスを整えるだけで自然と食べる量も抑えられたりもしますし自然とダイエットに繋がったりもします。 何かを制限するのではなく食事は量と栄養バランスを考えて食べることが大切です。

箸で食事をする女性



更新日:2019年(令和元年)10月12日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー