本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

糖尿病に対する運動の効果

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回は糖尿病に対する運動の効果についてのお話です。

糖尿病とは?

ケーキを食べる女性

体内の糖質が余り血液中に糖質であるブドウ糖が溢れている状態が糖尿病です。
血液中の糖質は血糖値で表れます。糖尿病は合併症が非常に怖い病気です。
血糖値が高い状態が続くと細胞が傷つき失明や腎不全、足の切断などに繋がってしまいますのでならないようにすることが大切です。

糖尿病には一型と二型がありほとんどが二型糖尿病

一型糖尿病

膵臓から分泌されるインスリンが何らかの疾患により分泌されなくなりインスリンが不足している状態です。
定期的にインスリンを注射する必要があります。

二型糖尿病

過食と運動不足などの悪い生活習慣によってインスリンの必要量が高まり相対的にインスリンが不足になっている状態です。中高年移行に発症する糖尿病では、この二型が95%と圧倒的に多いとされています。
二型糖尿病の原因は生活習慣でとなります。

糖尿病に対する運動療法

ジムで自転車を漕ぐ女性

糖尿病患者には、食事療法と運動療法があり食事療法では、糖質を控えた食事になります。
ダイエット法として糖質制限食が流行っていたりしていますが、糖質制限は元々糖尿病患者の為の食事療法です。
健康な方のダイエット法ではありません。
一般的には、食事療法をしますが運動療法もあります。
糖尿病に対する運動の効果としては、運動により血中のグルコース(糖質)が使われ血糖値を下げてくれます。
また、運動をすることでインスリンに対する感受性が高まります。
感受性が高まると同じインスリンの量でも血糖値を下げやすくしてくれます。
これらの効果は筋力トレーニングよりウォーキングなどの有酸素運動が効果的で運動時間が長いとより効果が大きいとされています。このように運動には、糖尿病の予防や改善に効果が期待できます。
ただ運動療法ができるのは、予備軍の方や軽度の場合になるかと思います。
糖尿病予備軍の方は、積極的に運動をして糖尿病にならないようにすることが大切です。

お医者さんの指示に従いましょう

糖尿病は自分の判断で行わずにお医者さんの指示に必ず従いましょう。
お医者さんが運動はNGと言っていればしてはいけません。
OKと言った場合は、どの程度なら良いのか詳しく聞いて必ずお医者さんの言ったこと守るようにしてください。
自己判断はしないようにしましょう。



更新日:2019年(令和元年)11月5日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー