本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

ストレスは暴食の原因に繋がる!ドーパミンの分泌低下

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回は、ストレスと暴食の関係についてです。
ご飯を食べてお腹いっぱいなのに、雑誌を見ながら今度はお菓子をパクパク…
なんてことありませんか?暴食の原因は日々のストレスかもしれません。

悩むイメージ

ストレスでドーパミン分泌量が低下

ドーパミンとは、神経を興奮させる神経伝達物質で快楽、爽快感、達成感、意欲などを与えてくれ
攻撃性や創造性、運動機能などを調節する働きがあります。
ドーパミンが脳内で分泌されることで精神の安定を保っています。
しかし、ストレスを感じているとドーパミンの分泌量が少なくなってしまいます。
日々ストレスを感じているとドーパミンが少ない状態が続いてしまいます。

食事をするとドーパミンが分泌し暴食に繋がりやすくなる

ケーキを食べる女性

ストレスによってドーパミンの分泌量が少なくなってしまいますが、ドーパミンは食事をすることで分泌量を増やすことができます。食事をするとドーパミンによって幸福感を得ることができます。
ストレスを感じていると何かを食べたくなるのはこの為です。
食事をしてドーパミンが分泌されるとお腹が空いていなくても、脳が『食べろ』という指令を出してしまい暴食に繋がりやすくなります。
糖質や脂質が多く含まれる食べ物はより幸福感を得やすくなります。
チョコやスナック菓子など、甘いものや脂っこい物には、幸福感を得やすいのですがカロリーも高いです。
また、過去の経験から「あれはおいしかった」と記録しているので同じ物ばかりを偏食してしまうこともありますので注意が必要です。食事はバランスを考えて食べるようにしましょう。

口に何か入っていればドーパミンは分泌される

暴食しないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
ドーパミンは、大量に食べなくても口の中に食べ物が入っている状態が続けば分泌が促されます。
ですので飴やガムなど長時間味わえる物を口にすると暴食を抑える効果が期待できます。
ですが、あまり我慢しすぎてストレスを感じてしまうのも良くありません。
たまには食べたい物を好きなだけ食べる日を設けるようにしてストレスとうまく付き合いましょう。
週に1~2日食べ過ぎても他の5~6日がしっかりとした食事であれば、体重が増えることはないはずです。
食べ過ぎている状態が長期的に続かないようにすれば良いのです。
体重が増えるかどうかはカロリー収支によって決まります。
1週間のカロリー収支がプラマイゼロなら体重は増えませんので1週間単位でカロリーを考えてみましょう。

伸びをする女性


更新日:2020年(令和2年)1月15日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー 




カテゴリー

サイト内検索

メルマガ登録
健康情報をメールで受け取る



 
はてなブックマークに追加