本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

傷口をキレイに早く治す湿潤療法

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回は擦り傷や切り傷をしてしまったと時の対処法についてです。
擦り傷や切り傷をしてしまった場合どのように対処していますか。
消毒薬で傷口を殺菌して、絆創膏を貼れば大丈夫!と言う方も多くいるのではないでしょうか。
ここでの対処法によって後々傷口がキレイに治るかどうかが決まってきます。
今は湿潤療法が常識となっています。

傷イメージ

傷口をキレイに治す湿潤療法とは?

湿潤療法とは、患部を湿った状態にしておくことです。
昔は消毒をして乾燥が常識でしたが、この方法では傷口が残ってしまい治りも遅くなってしまいます。
傷口を湿った状態を保つことでキレイに、そして早く治すことができます。
擦り傷などをすると傷口がジュクジュクと分泌液が出てきますが、これが傷口をキレイに早く治してくれるのです。

浸出液は細胞を活性化させ傷口を清潔に保つ働きがある

擦り傷などが治る過程で傷口からしみ出てくる滲出液には、細胞を活性化させながら、傷口を清潔に保つ成分が含まれています。
昔のように乾燥させ傷口にガーゼを当ててしまうとせっかくの傷口を治す滲出液を吸い取ってしまいます。
そうなると患部が乾いた状態になって患部に痛みを感じ、さらに雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。
乾燥させてしまうと治りが遅くなり傷口もキレイに治らずに傷跡が残ってしまうかもしれません。
傷口は乾燥させない方が良いのです。
今では湿潤療法の為の専用の絆創膏などが市販されています。

湿潤療法を家庭で行うためのポイント

・傷口の洗浄
・止血
・保護
・観察

まずは、傷口を水道水で砂などの異物をしっかりと洗い流します。
その次に傷口を清潔な布で押さえ水分をふき取って止血をします。
そして次に湿潤療法用の絆創膏を貼ります。
傷口の大きさにあった絆創膏を皮膚に貼り傷口から出る滲出液が逃げないようにします。
湿潤療法は患部を湿った状態に保って治癒を促す方法の為、滲出液と膿を見分けることも大切となります。
滲出液は透明で薄黄色でサラサラしていますが、膿は黄色や緑色で粘性があります。
患部が化膿してしまった時、腫れなどの異常がある場合は病院へ行って診てもらいましょう。
また、全てが湿潤療法で治ると言うわけでもありません。
湿潤療法が適さない傷としては刺傷などです。
刺傷は皮膚の表面は小さくても中に深く傷が付いていることもあります。
不快刺傷は湿潤療法が適さないのでこの場合は、病院で診てもらいましょう



更新日:2020年(令和2年)3月25日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー 




カテゴリー

サイト内検索

メルマガ登録
健康情報をメールで受け取る



 
はてなブックマークに追加