本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ちコラム Ideal Body Design

ランニング中は水分補給をしっかりと!運動中の危険を防ぐ

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
健康の為に走っている方は多いかと思いますが、走っている時にフラフラしたりしたことありませんか。
実はランニング中の事故はとても多いです。
注意を怠ってしまうと最悪死亡事故にもつながったりもするのでしっかりと自己管理をしてランニングをしましょう。

ランニング

水分を十分に取るランニング中は15分おきに100~200CCを目安に

ランニング中は、体温が上がるので体温を下げる為にたくさんの汗をかきます。
事故を防ぎより効果的に行うには事前に水分をしっかりと補給してから走るようにしましょう。
走る時間長くなるのであれば、ランニング中は水分を補給しながら走るようにしましょう。
目安としては15分おきくらいに100~200CC程度の水分を飲むようにてみてください。
これはあくまでも目安です。夏か冬かによっても変わりますし運動の強度によっても変わります。
汗がかきやすいかどうか個人差もあると思います。
「喉が渇いた」と感じている時は、すでに軽い脱水症状になっていますので喉が渇く前に水分を取ることが大切です。水分補給は、「早め こまめに」を心掛けましょう。

水だけではなくミネラルも一緒に 汗にはミネラルも含まれる

水分補給は、水だけで飲んでいれば良いわけではありません。
水分補給は失った水分だけでなくミネラルなども補給することです。
汗には、水分以外にも塩分などのミネラルも含まれています。
塩分も一緒にとらないで水分だけとっても水分補給にはなりません。
水分だけ取ってしまうと血液中の塩分濃度が下がります。
そうなると身体は塩分濃度を高める為に水分を排出させようとするので水分補給にならないのです。
また、低ナトリウム血症になる可能性もあります。

水分補給

エネルギー源である糖質やアミノ酸も一緒に摂ると良い

空腹状態での運動はとても危険です。
運動中は、とても多くのエネルギーを必要としますので運動時間が長くなるのであれば糖質などのエネルギー源も摂るようにしましょう。効果的に運動をするには、糖質をしっかりと摂る必要もあります。
また、運動中はアミノ酸も使われてしまいますのでアミノ酸も一緒に摂るとより良いかと思います。
アミノ酸も運動中のエネルギー源になるので筋肉の分解を抑制してくれると考えられます。
また、糖質やアミノ酸の代謝をさせるにはビタミンB1などの補酵素が必要ですのでこれらも摂ると必要もあります。特に長時間のランニング中は、これらを摂ることで運動をより効果的に行うことができます。
夏場は特に注意して水分を補給しましょう。



更新日:2020年(令和2年)4月1日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー