本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

お米はなぜ太ると言われているの?

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
ダイエットをする多くの方が、お米は太りやすいと思っているかと思います。
実際に太りやすいかと言うと決してそうではないのですが、なぜお米は太ると言われているのでしょうか。

お米を残す

お米の主な栄養素はでんぷん

お米にはでんぷんが多く含まれています。
でんぷんとは炭水化物のことでもっと言い換えれば糖質です。
糖質は太りやすいイメージを持たれているかもしれません。
ではなぜ糖質は太りやすいと思われているのでしょうか。

糖質とインスリン

糖質を摂取すると血糖値が上昇します。
血糖値は常に一定の範囲になるように調整されています。
食事をして血糖値が上がるとインスリンと言うホルモンがを泌します。
インスリンは、血液中の糖質を細胞内に取り込む働きをしてエネルギーとして利用します。
この際に余剰分は、脂肪細胞に変換されます。
インスリンの働きの一つに中性脂肪の合成促進があるのでダイエットを妨げると言われているのです。

インスリンは肥満ホルモンではない

お腹の肉をつまむ女性

インスリンは別名肥満ホルモンと言われたりもしていますが、まったくもって違います。
インスリンが分泌されなければ太らないと言うことでもありませんし重要な働きは血糖値を下げることでもありません。最も重要なインスリンの働きは、糖質をエネルギー源として利用することです。
摂取した糖質を体内でエネルギーとして利用するには、インスリンの働きが必要になります。
それだけではなくアミノ酸の吸収促進や合成促進にも作用しますので筋肉の合成に欠かせないとも言えます。

お米で太るのではなく消費カロリーが少ないので太る

どんな方法であれ太るかどうかはカロリー収支によります。
摂取したカロリーと消費したカロリーのバランスによって体重が増えるかどうか決まります。
お米を食べたかどうかではありません。
お米を例え食べなくても摂取したカロリーを消費できなければ体重は落とせません。
糖質の摂りすぎはもちろんいけませんが、適正量を摂取しているのであればまったく問題ありません。
また、糖質は種類が重要で吸収の早い糖質はなるべく控えた方が良いです。
吸収の早い糖質とは、簡単に言えば甘い物です。
血糖値が一気に上がってしまうとその後に急激に下降してしまい身体に良くありまっせん。
お米は、多糖類になり砂糖とは違いますのでそこまで気にする必要はありません。

お米を減らすとやせるのはなぜ?

多くの方が糖質に偏った食生活をしています。
主食であるお米を減らせば、全体の摂取カロリーが減る可能性があります。
また、身体に蓄えられていた糖質が減り体水分も一緒に減った為などが考えられます。
実際に体脂肪が落ちたわけではありません。
さらに糖質の摂取量が少なすぎれば、筋肉量も減っている可能性もあります。
お米を食べないことは身体にとって良いとは言えません。
ダイエットは、バランスの良い食事をして適正量食べることです。
続ければ自然とダイエットできます。
少しずつ身体を変えていくことが失敗しないポイントになります。

鏡に映る引き締まった女性のお腹



更新日:2019年(令和元年)10月27日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー