本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

クエン酸にダイエット効果・疲労回復効果はない!?

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回はクエン酸についてです。
クエン酸はダイエットや疲労回復に良いと言われていますが実は効果があるとは言えないようです。

クエン酸とは?

私たちのエネルギーはATPと言われる物質です。
ATPとはアデノシン三リン酸のことでATPがADP(アデノシン二リン酸)になることでエネルギーが生まれます。食事で摂った糖質、脂質、タンパク質は、体内で代謝されエネルギー源であるATPを作ることができます。代謝の過程はとても複雑で体内で様々な化学変化をしています。
ATPはクエン酸回路(TCA回路またはクレブス回路)に糖質や脂質などが入って作られます。
(※解糖系でもATPは生成されます。)
クエン酸とは、クエン酸回路の代謝産物で初めに生成される物質になります。

レモンとクエン酸

クエン酸ダイエットとは?

クエン酸を摂取することでATPを作るクエン酸回路が活性化してエネルギー代謝が活発になりダイエットが期待できると言われているようです。
確かにクエン酸を摂ればクエン酸回路が活性化しエネルギーを消費してくれそうな感じはします。
ですが、クエン酸にダイエット効果があると言う信頼できるデータはないようです。
まず何かを摂ってやせると言うことはありません。
世の中のダイエット法のほとんどは根拠がありませんので騙されないようにしましょう。
ここで言う信頼できるデータとは、主観(バイアス)を取り除きプラセボ効果との比較、
そして統計的にも信頼できる人数での研究報告のことです。
エビデンスの信頼度はRCT(二重盲検比較試験)が一番高いです。
そして、今までの研究報告、論文を分析するメタ分析が一番信頼できるエビデンスとなります。

化学変化

クエン酸は太るかもしれない!?

もしかしたらクエン酸はダイエットに良いどころか逆効果になるとも考えられます。
糖質や脂質、タンパク質はそれぞれの経路で代謝されてクエン酸回路に入ります。
そこでさらに代謝されてエネルギーであるATPを生成します。
クエン酸は、クエン酸回路に入って最初に生成される代謝産物です。
糖質、脂質、タンパク質はクエン酸回路に入る際にクエン酸に変化します。
代謝の過程を考えてみるとクエン酸を摂取してしまうと糖質や脂質などがクエン酸回路に入るのを邪魔してしまうと考えられます。そうなってしまうと体内にある糖質や脂質などはエネルギーとして使えなくなってしまいます。このように考えるとダイエットに良いどころか逆効果になってしまうのです。

クエン酸に疲労回復効果はない!?

頭を抱える男性

クエン酸は疲労回復に良いとも言われています。
アスリートなど運動をしている方が疲労回復の為に摂っていると言う方も多いかと思います。
ですが、疲労回復に関しても信頼できる十分なデータはないようです。
もちろん摂取して疲労回復した感じがあるのなら良いとは思いますが、それはもしかしたらプラセボ効果かもしれません。クエン酸を摂ってもプラセボ効果以上は期待できないのかもしれません。
クエン酸を摂っても特に変わりがないのであれば意識して摂取する必要はないかと思います。



更新日:2019年(令和元年)10月3日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー