本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

年々太るのは基礎代謝が関係?

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回は基礎代謝についてです。
誰でも一度は聞いたことがある方も多いかと思いますが、基礎代謝は体型を維持する為にとても大事です。

お腹の肉をつまむ女性

基礎代謝とは?

基礎代謝とは人が生きていく上で最低限必要なエネルギーのことを言います。
簡単に言うと何もしていなくても勝手に消費されるカロリーのことです。
1日の消費カロリーの約7割が基礎代謝によるものです。
基礎代謝が高いと基本的に1日の消費カロリーが高いとも言えます。

基礎代謝は加齢により落ちて体重が増えていく

人は誰でも加齢により基礎代謝が落ちてしまいます。
加齢によって体重が年々増えていくのは、基礎代謝の低下が考えられます。
若い時よりも基礎代謝が落ちた状態で以前と同じ食生活をしているとカロリーオーバーになり体脂肪の蓄積に繋がります。
若いころと同じ体型を維持し体脂肪を溜めない為には、基礎代謝を低下させないことが大事と言えます。

筋肉をつけると基礎代謝が高くなる

筋肉質な身体男性

基礎代謝を決める要因は様々考えられますが、その一つが筋肉です。
筋肉は加齢によって衰えていきます。その結果、基礎代謝の低下に繋がっていきます。
筋肉は、エネルギーを燃やす焼却炉のような物ですのでこの焼却炉が多ければエネルギーを燃やしやすくなります。
基礎代謝を高くするには、筋肉をつけ焼却炉を多くすることです。

筋肉をつけるには筋力トレーニングが必要

筋肉は運動をしないとつきませんが、運動なら何でも良いと言うわけでもありません。
運動は大きく分けると有酸素運動と無酸素運動に分けられます。

有酸素運動とは、ウォーキングやランニング、水泳などの筋肉への負荷が軽く長時間持続可能な運動です。
無酸素運動とは、筋肉への負荷が大きく長時間持続が不可能な運動です。
ダッシュなどの全力疾走や筋力トレーニングになります。

ダッシュ

筋肉をつけるにはある程度の負荷が必要ですので無酸素運動をしないと筋肉はつきません。
負荷の弱い一般的な有酸素運動では、基本的に筋肉はつきません。
もちろん健康の為には有酸素運動も行った方が良いですが、基礎代謝の低下を防ぐには筋力トレーニングをした方が効果的です。
太りにくい身体を作る為には、筋力トレーニングをすることが重要と言えます。

基礎代謝を上げるのは難しいが、
筋肉が増えると同じことをしても消費カロリーが増える

腹筋をする女性腕立て伏せをする女性

筋肉をつければ基礎代謝の向上が期待できますが、筋肉をつけるのは容易なことではありません。
筋肉が1kg増えると約13kcal増えるとされています。
筋肉を1kgつけるのはとても難しく筋力トレーニングで基礎代謝を上げるのは実はとても大変なことです。
実際には普段使えてない筋肉を使うことで上手く筋肉を使えるようになり消費カロリーを増やすことに繋がると言うことです。
基礎代謝を上げてやせると言うよりも代謝自体が良くなって、同じ生活をしていてもカロリーをより消費しやすくなります。
もちろん筋力トレーニングを長年継続させることで基礎代謝の向上も期待はできます。
体型を維持するには、筋肉を減らさないことが重要となります。




更新日:2019年(令和元年)11月18日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー