本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

筋力トレーニングはダイエットに効果的

こんにちは、パーソナルトレーナーの和泉です。
今回は、筋力トレーニングとダイエットの関係についてです。
ダイエットと言うとウォーキング等のいわゆる有酸素運動を思い浮かべる方が多いかと思いますが、
実は有酸素運動よりも筋力トレーニングの方が効率よくダイエットを進められます。
その理由は運動後過剰酸素消費量(EPOC)にあります。

運動は代謝を高め脂肪燃焼を促進

太るかどうかは、カロリー収支によって決まります。
消費カロリーが摂取カロリーよりも上回ればやせていきます。
やせやすい身体とは、代謝が高く消費エネルギーが高い身体のことです。
代謝を決める要因は様々ありますが、その一つが運動です。
運動をすると代謝が高くなりエネルギーをより消費してくれます。

運動後過剰酸素消費量(EPOC)とは?

運動をすると代謝が活発になりエネルギー消費量が増えます。
代謝が促進されている状態は運動中だけでなく実は、運動後にも起こっています。
これを運動後過剰酸素消費量(EPOC)と言います。
運動後は代謝促進が促され脂肪燃焼も促進されている状態になります。

高強度の運動が効果的

運動後の代謝促進は、低強度の運動よりも高強度の運動がより高くなります。
一般的に言う有酸素運動は低強度の運動になり、高強度の運動とは一般的には筋力トレーニングのような運動になります。有酸素運動よりも筋力トレーニングの方が運動後の代謝促進が促されてより脂肪燃焼も促されている状態になります。

筋力トレーニング

有酸素運動は太りやすくなる

運動中に脂肪が燃焼しやすいのは有酸素運動ですが、運動で消費カロリーを増やすのはなかなか大変なことです。有酸素運動をたくさんやれば消費カロリーも増えてやせる可能性は高くなりますが、反対に太りやすくなる可能性もあるので注意も必要です。
毎日、有酸素運動をしてエネルギーを消費している状態になると身体はエネルギーを節約しようとします。
さらに有酸素運動は筋肉を細くするので、ますますエネルギーを消費しないようになります。
有酸素運動は燃費の良い身体を作り少ないエネルギーでも生活できるようになっていきます。
なので有酸素運動を止めてしまうとリバウンドの可能性も高いです。


ダイエットに有効な運動は、有酸素運動よりも筋力トレーニングです。
筋力トレーニングの方が効率的にダイエットを進められます。
もちろん有酸素運動も適度に一緒に行えばより効果的ですが、どちらかを優先させるなら筋力トレーニングをしましょう。筋力トレーニングは週2~3回程度行えると良いですね。
 


更新日:2019年(平成31年)3月31日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー