本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

糖質制限でよく聞くケトン体って?

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
糖質制限でよくケトン体ってよく聞くかと思いますが、実際にケトン体を理解している方は少ないかと思います。ケトン体についてのお話です。

ケトン体とは?

脂肪酸の代謝産物がケトン体で、アセトン、アセト酢酸、βヒドロキシ酪酸の総称になります。
糖質摂取が極端に少ないとエネルギーとして脂肪酸が利用されるようになりケトン体が増えていきます。
ケトン体は、糖尿病患者の方で増えますが糖質制限をしていても増えます。

過剰になったアセチルCoAがケトン体に変化する
脂肪酸がβ酸化を経て合成されるアセチルCoAと言う物質が糖質から作られるアセチルCoAより極端に多く細胞内に過剰となります。この過剰となったアセチルCoAがケトン体へと変化します。
このケトン体は、脳のエネルギー源として利用することができます。

化学変化

ケトン体が脳のエネルギーとして利用できるなら糖質は不要?

いいえ、糖質は必要な栄養素です。
脳のエネルギーは基本ブドウ糖です。緊急時にケトン体を利用することができると言うことです。
利用できると言っても100%ケトン体に依存できるわけではありません。
生命を維持するには、血糖値を一定の範囲内に保たなければいけません。
血糖値を一定の範囲に保つには糖質が必要です。
糖尿病患者でも低血糖にならないようにブドウ糖を常に持ち歩いています。
それに赤血球はミトコンドリアが存在しない為、エネルギー源はブドウ糖のみです。
ケトン体は利用できません。
また、ケトン体は酸性なので血中濃度が高くなりすぎると身体が酸性に傾いてしまいます。
人の身体は中性から弱酸性で正常に機能するようになっているので、酸性に傾いてしまうと身体の機能が正常に働かなくなってしまいます。このことからも極度の糖質制限は身体に良いと言えません。
また、ケトン臭の原因にもなるので糖質制限をしていると体臭がきつくなる可能性もあります。
栄養素は必要量を過不足なく適量を摂取することが何よりも重要となります。
バランスが最も重要です。

食事

炭水化物と糖質の違いは?

一般的には炭水化物=糖質なので同じ認識で良いと思います。
厳密には、糖質と食物繊維のことを炭水化物と言います。
炭水化物と言う大きなカテゴリーの中に糖質と食物繊維があります。
また、糖質も単糖類、二糖類、多糖類などに分けることができます。



更新日:2019年(令和元年)8月4日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー