本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

太ると様々な病気の原因になる

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回は肥満と病気の関係についてのお話です。
肥満は身体に悪く多くの病気の原因になります。
特に生活習慣病と密接な関係があります。

お腹の肉をつまむ女性

肥満は生活習慣病の原因

肥満との関係でもっとも注目されているのが、糖尿病、高血圧、脂質異常症などのいわゆる生活習慣病です。
標準体型の方と比べてこれらの発症リスクが高くなります。
また、これらの病気が重複して発症するメタボリックシンドロームとも密接な関係があります。
肥満を放置していると、こうした生活習慣病を悪化させて血管を傷つけたり、もろくしたりして、
動脈硬化を引き起こしてしまいます。
将来的に心筋梗塞や脳卒中などの命に関わる病気の原因ともなるので標準体型を保つことが大切です。

内臓脂肪が多いと危険

肥満には皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。
生活習慣病と関係が深いのは皮下脂肪よりも内臓脂肪の方です。
皮下脂肪と内臓脂肪の違いは手で摘まめるかどうかです。
手で摘まめるのは皮下脂肪で摘まむことができないのが内臓脂肪です。
内臓脂肪は、内臓周辺、腸管に付く脂肪でウェスト周りが太くなったら要注意です。
お腹だけポッコリ出ていたら内臓脂肪の可能性が高いです。

内臓脂肪は運動で燃焼されやすい

バイクを漕ぐ女性

脂肪には落ちる順番があり内臓脂肪が先に落ちてその次に皮下脂肪が落ちていきます。
内臓脂肪は皮下脂肪よりも代謝が良く運動で燃焼されやすいのです。
内臓脂肪が多い方は、是非運動をして脂肪を燃焼させましょう。
運動する時間がなかなか取れないと言う方は、普段の日常生活で運動量を増やすことを意識してみてはいかがでしょうか。
なるべく立つようにしたり、歩くようにしたり階段を使うようにしたりとかで良いです。
これだけでも長く継続させればやがて大きな差となって身体に現れてきます。

腰痛や関節痛の原因にも

腰が痛い女性

人は誰でも年齢とともに筋肉量や骨量が減り、身体を支える力が弱くなっていきます。
そこに体重が増えて肥満が加わると、骨や関節への負担が大きくなり、腰痛や膝痛などの関節障害を起こしやすくなります。もし転んだりして急に大きな負担を受けると、骨折を起こすこともあります。
それ以外にも肥満は、高尿酸血症から痛風をまねいたり、脂肪肝やすい炎を促進したり、
あるいは、突然死の原因ともなる睡眠時無呼吸症候群を起こすこともあります。
さらに、大腸がんや前立腺がん、乳がん、子宮がんなど多くのがんのリスクを高めることも指摘されています。
これらの病気の危険因子を取り除くには適正体重を保つことがとても大事と言えます。




更新日:2019年(令和元年)11月13日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー