本文へスキップ

健康作りに役立つお役立ち情報 Ideal Body Design

肥満の指標であるBMIについて

こんにちは
パーソナルトレーナーの和泉です。
今回はBMIについてです。
世界的に使われ健康診断の指標にもあるので一度は見たり聞いたりしたことはあるかと思います。
BMIは体格指数になり肥満かどうかの基準になります。

お腹の肉をつまむ女性

BMIとは?

BMIとは国際肥満学会で認められた肥満の判断基準で body mass indexの略です
BMIは体重と身長から求められる体格指数となります。

求め方
 BMI=体重(kg)÷{身長(㍍)×身長(㍍)}

 BMI=18.5~24.9 標準体重

統計上一番病気になりにくいとされている値が22.2とされています
健康診断の基準にもなっていて標準体重はBMI22に設定されています。
ただBMIだけでは、体脂肪率が加味されていませんので注意が必要となります。
同じ身長体重でも体脂肪が多いかどうかで太っているのかどうか判断が変わってきます。

体重計に乗る女性

体脂肪率の目安は?

太っているかどうはBMIだけでは不十分ですので体脂肪率も考慮しないといけません。
BMIはあくまで目安となりプラスして体脂肪率も標準なら理想と言えます。
日本肥満学会による体脂肪率の目安は下記のようになっています。


       標準範囲  肥満傾向  肥満
男性(30歳未満) 14~20%  21~29%  30%以上
男性(30歳以上) 17~23%  24~29%  30以%上

女性(30歳未満) 17~24%  25~34%  35%以上
女性(30歳以上) 20~27%  27~34%  35%以上

肥満症

肥満と肥満症の違いは肥満を原因とする疾患があるかどうかです。
疾患がある肥満が肥満症となり治療が必要となります。
例えば糖尿病や脂質異常症、高血圧などのいわゆる生活習慣病です。
特に疾患がない場合は普通に肥満となりますが、肥満は様々な病気の原因となるので肥満症でなくてもやせるようにしましょう。

肥満によって引き起こされることが予想される疾病

糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳卒中、痛風、脂質異常症、脂肪肝、胆石
関節炎、睡眠時無呼吸症候群、性ホルモンの異常など

頭を抱える女性

このように肥満が原因で発症する疾患はたくさんあります。
いわゆる生活習慣病になりますが、心筋梗塞など突然死の可能性もあるので適性体重を保つことが大切です。
太るかどうかはカロリー収支によって決まります。
食べる量を少しだけ抑えて摂取カロリーを減らすか、運動量を増やして消費カロリーを増やすかしかありません。少しずつ生活習慣を変えていって太らない生活習慣を身に付けられるようにしましょう。




更新日:2019年(令和元年)11月6日


パーソルトレーナー和泉 大樹

Ideal Body Design アイデアル ボディ デザイン
代表パーソナルトレーナー 和泉 大樹(イズミ ダイキ)

はじめまして、当サイトにご訪問頂きありがとうございます。
横浜市を中心にパーソナルトレーナーとして活動をしております和泉と申します。
運動だけでなくストレッチや整体、食事などトータル的に身体作りをサポートさせて頂いております。お身体でお悩みの方、是非一度ご相談ください。
目標達成までしっかりとサポートをさせて頂きます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
HPはコチラをクリック → 横浜パーソナルトレーニング Ideal Body Design

~保有資格~
・NESTA-PFT
 (全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー)
・JATI-ATI (日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)
・ACCA公認アスレティックコンディショニングコーチアドバンス
 (アスレティックコンディショニングコーチズ協会)
・日本スポーツ協会認定スポーツプログラマー
・YMCメディカルトレーナーズスクール 整体療術科 卒業
・日本成人病予防協会認定健康管理士一般指導員
・日本チェーンドラッグストア協会認定ヘルスケアアドバイザー